死剣と生縄しけんといきなわ
武士の魂。大小の二刀だけは腰に差して、手には何一つ持つ間もなく、草履突掛けるもそこそこに、磯貝竜次郎は裏庭へと立出た。 「如何ような事が有ろうとも、今日こそは思い切って出立致そう」 武者修行としても一種特別の願望を以て江戸を出たので有った。 …
作品に特徴的な語句
べり しか うみ 嫉妬 如何どうか 引掛ひきかか 一瞬ひとまたた うち きつ 死亡なく ほつ 水草すいそう 独言つぶやき たかぶ さす 高市たかまち 種々くさぐさ おも 阿波あんば 点頭うなずか 囚虜とらわれ おきて 如何どう からま 扮装なり 普通ただ あた 木下きおろし 占者うらない 美艶びえん 楊柳かわやなぎ 此女こいつ 立木たつき 夕陽せきよう たまり 渡頭わたし 体躯からだ 救世ぐせい きょう 蘆荻あし 蝦蟇ひきがえる みよし 普通なみ たま 彼方あちら 横斜よこはす 布佐ふっさ もつれ いまし 上釣かみづ そっ 宛如まるで ずつ あんま 俘虜とりこ 如何いかん 停滞とどこおり 醜態ざま 立出たちいで 台下だいした 其方そなた ひとり 魚畚びく わな 華手はで 草鞋わらじ 上総かずさ 鼠地ねずみじ 畦路あぜみち とも かゆ 痰唾たんつば あご 縮売ちぢみうり いき 素気そっけ 竹割たけわ 下総しもうさ 総角あげまき すが もと 福田ふくだ 石原いしはら