“昂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たか48.6%
あが13.4%
12.1%
こう11.4%
たかぶ10.3%
かう1.4%
1.0%
たかま0.3%
のぼる0.3%
はづ0.3%
カミ0.3%
コウ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内心に何か感情のぶりがあって、それが上機嫌となって発散してるかのようだった。その上、少し酒を飲んできているらしかった。
死の前後 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
いまや意気のりぬいている軍勢であるから、その矢弾といい、喊声といい、ほとんど、左馬介光春の率いる一千余の兵力の如きは
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鵞鳥を。二の鵞鳥を。薄いめな土坡の上に、の方は高く首をげてい、はその雄に向って寄って行こうとするところです。
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
れも好むようになりそれがじた結果であり音曲をもって彼女の愛を得る手段に供しようなどの心すらもなかったことは
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
さすがに定明は、小太刀を持ち出したことが、りすぎて気恥かしかった。だが、引くことの出来ないぎりぎりの間に兄弟は立っていた。
野に臥す者 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「それがじて、誰も留め手のないところで、自分の美しい裸體を、存分に見てもらひたかつたのだらう。——わけても庵崎數馬に見せたかつた」
「母親さんもネ、家の方のことを心配なさり過ぎて、それであんなに気がったんじゃないかと思いますよ——母親さんには無い事ですもの……」
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
うさ、氣紛でもなけア、にはお前を虫干にしてる同情さへありやしない。正直なところがな。」と思切ツていふ。感情がツて來たのか、のあたりにぽツとをさす。
青い顔 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
現代の人では田中光顕土方寧・古沢(迂郎が元の名)・片岡利和・土居香国・井原等の名を挙げる事ができる。古いところは色々の儒者があり、勤王家があった。
幾分声をませながら、野村は言つた。北はひどく驚いたやうだつた。二人は暫く言葉もなく向ひ合つてゐたが、やがて肩を並べてそこを出た。
月日 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
速記者のとつてくれたのも、少しあるが、殊に、認識不十分・表現不完全な、づった様なものになつてゐる。
古代研究 追ひ書き (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
景帝、十四子ヲ生ム。チ中山靖王劉勝。——勝。陸城亭侯劉貞ヲ生ム。沛侯劉昂ヲ生ム。漳侯劉禄ヲ生ム。沂水侯劉恋ヲ生ム。欽陽侯劉英ヲ生ム。英……。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)