野に臥す者のにふすもの
経之の母御は朝のあいさつを交したあとに、ふしぎそうな面持でいった。 「ゆうべそなたは庭をわたって行かれたように覚えるが。」 「いえ、さようなことはございませぬ。誰かをご覧じましたか。」 それは確かに人かげを見うけ申した。月がなくただ星あかり …
作品に特徴的な語句
化粧よそお ぬす 退 うわ 退 いい たかぶ かさね ぬか 塗籠くら まな はず 守人もりびと まご ろう くびす はし 一刻ひととき 何処いずこ 何奴なにやつ むら 囈言たわごと いや 御身おみ こわ こら あか やみ つか 火先ほさき うちかけ またが むご 一位いちい 一瞥いちべつ 乞食こじき いささ 他処よそ 何処どこ 其処そこ 冷笑あざわら 凝乎じっ 凝然ぎょうぜん ところ 勿論もちろん 卑怯ひきょう 南野みなみの あぶな いや くさむら 口前くちまえ 古藁ふるわら あき 呶鳴どな とが 唖然あぜん 喝采かっさい わら 執拗しつよう 夜眼よめ 大和やまと やつ きら 定明さだあき 宮司ぐうじ 宿酔ふつかよい 小径こみち たむろ 幽谷ゆうこく あて みち 御辺ごへん 御達ごたち 怒濤どとう 恰度ちょうど ことごと あわ 憐愍れんびん いきどお 手筈てはず えぐ 抛打なげう いど かす