“呶鳴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どな98.4%
どなり0.8%
がな0.4%
がみ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
斯う呶鳴るように云った三百の、例のしょぼ/\した眼は、急に紅い焔でも発しやしないかと思われた程であった。で彼はあわてて
子をつれて (新字新仮名) / 葛西善蔵(著)
お葉の火の手が折角まりかかった処へ、又もやんな狂気婆飛込んで来て、横合から余計なべる。重ね重ねの面倒に小悶の来た市郎は、再び大きい声で呶鳴付けた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
甲「此処でそんなに呶鳴っても先方まで聞えねえ、作右衞門どん、おさんは年寄では有るし、月番だから先方へ往って言柔かに話をぶッて来てえてえが、往って来ておくんなせえな」
裸体のままガタガタ震えながら大惣を呶鳴付けました。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)