粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)あわだぐちしめすふえたけ(さわのむらさきゆかりのさきわけ)02 粟田口霑笛竹(澤紫ゆかりの咲分)02 あわだぐちしめすふえたけ(さわのむらさきゆかりのさきわけ)
さて今日から寛保年間にございました金森家の仇討のお話で、ちとお話にしては堅くるしゅうございますから、近い頃ありましたお話の人情をとりあわせ、世話と時代を一つにして永らくお聞きに入れましたお馴染のお話で …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 通夜つや 気儘きまゝ 喉笛のどぶえ 一期いちご 高輪たかなわ えくぼ しめ 庫裏くり 合槌あいづち 薄縁うすべり なまず 不束ふつゝか 本郷ほんごう 人非人にんぴにん やり 目貫めぬき 請合うけあ 傾城けいせい 蹴出けだし さて とら 八釜やかま 冬籠ふゆごもり 致方いたしかた 栄螺さゞえ 目深まぶか 大尽でえじん 草双紙くさぞうし 手数てかず 中洲なかず 其角きかく 伽羅きゃら 御挨拶ごええさつ 生捕いけど 鳶頭かしら 仲人ちゅうにん 伯耆ほうき 紙鳶いかのぼり 勿怪もっけ たね 一廉いっかど 名告なの 両人ふたり 共謀ぐる 寒気さむさ 無慚むざん 透通すきとお 猶更なおさら 居睡いねむ 新造しんぞ 突当つきあた 立塞たちふさが 高祖頭巾こそずきん 内所ないしょ 此度こんだ 申訳もうしわけ 一先ひとまず 案内あんねえ 比喩たとえ 神仏かみほとけ 音羽おとわ 真平まっぴら 紛失なく しん かじ 時節とき 後姿うしろすがた 十露盤そろばん 女衒ぜげん 直様すぐさま 夜着よぎ 小粋こいき 相州そうしゅう 短夜みじかよ 野辺のら 駕籠舁かごかき 山城やましろ 草鞋穿わらじばき 利腕きゝうで 名高なだけ 細引ほそびき 二個ふたつ 匹夫ひっぷ 反故ほご 生霊いきりょう 化物ばけもの 沈着おちつ 一献いっこん 真青まっさお 夕方ゆうかた 発句ほっく 小者こもの 生地いくじ 神輿みこし 窮命きゅうめい 高嶺たかね 七日なぬか 上人しょうにん
題名が同じ作品