“径”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
みち51.5%
こみち32.3%
わたり4.8%
けい3.0%
ただ2.4%
わた2.4%
さしわたし1.8%
わたし0.6%
サシワタシ0.6%
ミチ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らは高い山壁の傾斜層に細々としたをつけた。さうして、彼らは溪流を望んだ岩角でひそかに彼らの逞しい子孫を産んでいつた。
静かなる羅列 (新字旧仮名) / 横光利一(著)
さて、聞かっしゃい、はそれからの裏を抜けた、岩の下から岩の上へ出た、の中をって草深いをどこまでも、どこまでも。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
又曰、(五雑組おなじつゞき)恵王前後車をこと十二の物はむかしの事、今天府にも夜光珠はなしと明人謝肇淛五雑組にいへり。
さまで大きくもあらぬ六寸程の比較的若木であるが、魚の背骨の一方を削った様に枝は皆北方へ出て、南へは唯一本しか出て居ない。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
うときにはを投じ、したるときにはち、ちにいて診したのは、少時のき経験を忘れなかったためだそうである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
大なるはり一尺二三寸ばかり、八九寸六七寸なるもあり、大小は和尚の徳にずといひつたふとぞ。台の高さはいづれも一尺ばかりなりと語られき。
何十尺の円をいて、周囲に鉄の格子をめた箱をいくつとなくさげる。運命の玩弄児はわれ先にとこの箱へ這入る。円は廻り出す。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
野面御影に、乾かぬ露が降りて、いつまでも湿とりとめられる二尺の、んで、鷺草ともとも片づかぬ花が、数を乏しく、行く春をんで、ひそかに咲いている。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
一丈あまりの車の輪の様なに、数多の竹のの放射したものに、天幕を一重或は二重にとりつけ、其陰に祇園巴の紋のついた守り袋をげ、更に其下に三尺ほどづゝ間を隔てゝ
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
さうして其処で、まどろんで居る中に、悠々と長い春の日も、暮れてしまつた。嬢子は、家路と思ふを、あちこち歩いて見た。脚はにさゝれ、袖は、木のにひき裂かれた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)