“直径”のいろいろな読み方と例文
旧字:直徑
読み方(ふりがな)割合
さしわたし60.0%
ちょっけい30.0%
ちょくけい5.0%
ちよっけい5.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“直径”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 絵画 > 漫画 挿絵 童画(児童)100.0%
文学 > 日本文学 > 戯曲(児童)20.0%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一人の町会議員は其金質を、一人は其重量めかた直径さしわたしとを、一人は其見積りの代価を、いづれも心に商量したり感嘆したりして眺めた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その眼鏡は鉄縁の古風なもので、たまの大きさが直径さしわたし二寸以上もあったように思われる。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
と、思わずよろこびの声をあげた。直径ちょっけい七十センチばかりの、マンホールのふたのようなものが掘りあてられたのだ。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
直径ちょっけいやく七十センチだから周囲しゅういは70cm×3.14=219.8cmというわけだ。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
それは青味あおみがかったまるたまで、直径ちょくけいは三ずんくらいでございましょうか。
じいさんがそうわれているうちに、天狗てんぐさんは直径ちょくけい一尺いっしゃくもありそうな、ながおおきなすぎえだ片手かたてにして、二三十じょう虚空こくうから、ヒラリとおどらしてわたくしている、すぐまえちました。
火星くわせい直径ちよっけい四千二〇〇哩まいるある 地球ちきゆう半分はんぶんよりちよっとながいくらいだ。)