ごんごろ鐘ごんごろがね
三月八日 お父さんが、夕方村会からかえって来て、こうおっしゃった。 「ごんごろ鐘を献納することにきまったよ。」 お母さんはじめ、うちじゅうのものがびっくりした。が、僕はあまり驚かなかった。僕たちの学校の門や鉄柵も、もうとっくに献納したのだか …
作品に特徴的な語句
ほう ぎゃく 正午しょうご しん かね かい うえ きょう おこな 牛車ぎゅうしゃ 周囲しゅうい 深谷ふかだに 戸外こがい なに 便所べんじょ てき らく ゆる えら れつ 四方しほう がつ あた つづ むす 線香せんこう 老人ろうじん あや やく 庭石にわいし 年寄としよ ねん ちょう はら わか ぐさ いえ うば よる そと へん あたら つつみ 新筵にいむしろ ほう ざか にち 国民こくみん かた 診断しんだん 日本にっぽん はな だれ 名前なまえ 直径ちょっけい 合力ごうりょく 足掛あしか にん よこ 鐘楼しゅろう がね 今日きょう うさぎ おと 鉄柵てつさく しず もん ごろ 出来でき 現在げんざい べつ 道理どうり おく 生活せいかつ 以上いじょう なか 滑車せみ からだ 反対はんたい けん 本山ほんざん ひら 休暇きゅうか