“診断”のいろいろな読み方と例文
旧字:診斷
読み方割合
みたて50.0%
しんだん41.7%
こと8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お医者の診断は大てい察しがついたし、またそうした宣告を聞かされるのが辛かったのです。僕は臆病と恥かしさで、それっきりになっていました。
誤診 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
さっそく医者をよんで、関係者たちは介抱しましたが、診断結果は、急性脳溢血ということがわかって、もはやしようがなかったのです。
天女とお化け (新字新仮名) / 小川未明(著)
「詳しい診断はとにかく避病院へおいでになってからにしませう。」
コレラ (新字旧仮名) / 原民喜(著)