天女とお化けてんにょとおばけ
天職を自覚せず、また、それにたいする責任を感ぜず、上のものは、下のものに好悪の感情を露骨にあらわして平気だった、いまよりは、もっと暗かった時代の話であります。 新しく中学の受け持ち教師となったSは、おけ屋のむすこの秀吉を、どういうものか好き …
作品に特徴的な語句
平常へいじょう うえ さい 不快ふかい さお ぶん いそ ゆび 白痴はくち 見下みお 結果けっか くだ 死人しにん あた なか 将来しょうらい しょく あたま あお はら こな 信者しんじゃ ぽん いえ 雪中せっちゅう しつ ひか はい あいだ もん かれ 彼女かのじょ あたら 特色とくしょく わか 理由りゆう けん ぐすり 奥深おくぶか きゅう 反対はんたい えき はな 診断しんだん 大酒おおざけ おぼ 品質ひんしつ 大毒たいどく 外形がいけい 秀吉ひできち 紫色むらさきいろ むらさき かみ いと 算数さんすう こた わら 空気くうき 空想くうそう そら 科目かもく わたし もの 毒薬どくやく 気持きも あせ しず うみ なみだ ふか きよ 灰色はいいろ 熱心ねっしん とう 父兄ふけい 片方かたほう 牧師ぼくし まち いの 相手あいて しろ いろ 特異とくい 特長とくちょう けもの 特別とくべつ