“秀吉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひでよし69.6%
ひできち30.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝廷に最も勢力のあった神道主義者と仏僧とのヤソ教に対するあらゆる反対讒訴姑息な陰謀は秀吉時代からの古いことであったが
うまくやったのは猿面秀吉、山崎の一戦から柴田佐々滝川も眼中になく、メキメキ羽振りをあげたが、ずるいやつは徳川家康だ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとえば、きかん坊主秀吉が、先生にしかられて、この運動場たされたとき、しくなって、しそうになりました。
学校の桜の木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
平次は曲者を引起すと、その身体の泥などを払ってやっております。五位鷺秀吉というやくざ者、賭博打の兇状持ですが、大した悪い事をする人間とは思われません。