“筑前守秀吉”の読み方と例文
読み方割合
ちくぜんのかみひでよし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
では、筑前守秀吉は、かならずしも、悪意があって勝頼のゆくえをたずねさせたのではなかろう……と伊那丸も心がとけ、忍剣龍太郎も、さらばと、そのうことになった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
じしんはとおく戦陣にあるとも、留守町人百姓や女子供には、こうして、春は春らしく、平和にのんきに景気よく、今宮祭ができるようにしておくのも、つまり、筑前守秀吉
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
おりから、裾野にいた鏃鍛冶卜斎も、柴田の家中へひきあげて、北庄城では雪解けとともに、筑前守秀吉と一戦をなす用意おさおさおこたりなく、国境のはきびしい固めでござります
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)