“筑前守長寛”の読み方と例文
読み方割合
ちくぜんのかみながひろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
砲台には徳川家の時にえ付けた大砲が三十六門あって、今岸和田藩主岡部筑前守長寛殿の預りになっています。わたくし共はあれで防ぎます。あなた方は上陸して来る奴を撃って下さい
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)