堺事件さかいじけん
明治元年戊辰(ぼしん)の歳(とし)正月、徳川慶喜(よしのぶ)の軍が伏見、鳥羽に敗れて、大阪城をも守ることが出来ず、海路を江戸へ遁(のが)れた跡で、大阪、兵庫、堺の諸役人は職を棄てて潜(ひそ)み匿(かく)れ、これ等の都会は一時無政府の状況に陥 …
作品に特徴的な語句
きそう たしみ じき うけ かまい 遺書ゆいしょ やや 一重ひとかさね かたじけの 中間なかま おく わかれ ひつじ 垣内かきうち いだ もと きか 後押あとおさえ さる かさ もっとも ゆるや しずま けっ 大網だいもう もっとも 士分さむらいぶん つくえ 取計とりはからい 遺髪ゆいはつ やわら 一思ひとおもい 扶助ふじょ あやし どる たび 揶揄からか おれ 暇乞いとまごい むしろ ただ こし またが おど 絹服けんぷく しばら おと つか 一通ひととおり 下席かせき おおむ 酌取くみとり うま 端艇はしけ 釦鈕ぼたん 勇怯ゆうきょう 刀背とうはい 隼人はいと すさま 冥福みょうふく かめ 兎毛ともう 克平かつへい ひそ 生死しょうし 汝等うぬら あらわ からだ 爾余じよ そう いびき 船牢ふねろう ふなばた ひざ 特赦とくしゃ 腹稾ふっこう はらわた あし 背後うしろ 生駒いこま 申条もうしじょう 耻辱ちじょく うらや 申渡もうしわたし 籤引くじびき 穿 つい 素読そどく くわ 竹竿たけざお はし 筧氏かけいうじ むしろ