“中間”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちゅうげん56.4%
ちゅうかん10.0%
ちうげん7.3%
なかま5.5%
ちゆうげん5.5%
ちゆうかん4.5%
あいだ3.6%
なか3.6%
ちうかん2.7%
なかば0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後世低級の使用人を「中間」とも、「ハシタ」ともいったのは、やはり同じ意味で、ハシタはすなわちハシヒトの訛りであります。
(その癖又一面には父の玄鶴とお芳の兄との中間に立っている関係上、いつか素気なく先方の頼みを断れない気もちにも落ちこんでいた。)
玄鶴山房 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
引込ませる、とのでばなとふのでも、おはさすがに武家女房中間いたものを無理ようとはしなかつた。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いらはつとも聞かなかつたと正太もちうちうたこかいの手を止めて、誰れか中間が来たのでは無いかとしがるに
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
おつて供𢌞り徒士の者、中間、奴共風俗不宜がさつに有之、供先にても口論仕不屆に候自今風俗相改かうとふと致し、相愼
凡愚姐御考 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
樹木には、それ/″\日陰地にもよくや、また日陰日陽中間のところを種類によつて、土地不適があります。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
玉子焼鍋へ油を敷いておいて今の物を少しずつ中間を離して入れます。あんまり密着けて入れると膨らむ時中でに着いてしまいます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
「どんな連中もこんな連中もねえ、その時分の大部屋のものは内密でみんな稼いだんだ。——そのまた中間へ入ってサヤをとる奴なんぞいたんだ。」
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
大評判怪窟※それは、東京横濱との中間で、川崎からも鶴見からも一らずのである。神奈川縣橘樹郡旭村大字駒岡村瓢簟山東面部其怪窟はある。