“あいだ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
95.1%
英田0.7%
中間0.7%
間隔0.7%
期間0.4%
仲間0.4%
0.2%
交情0.2%
会田0.2%
合田0.2%
0.2%
時間0.2%
相田0.2%
空隙0.2%
0.2%
0.2%
雲間0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
じゅうがそうであり、百が、そうであったにちがいない。そしてこの山々は、も、も、永久にだまっているのでした。
考えこじき (新字新仮名) / 小川未明(著)
中国山脈のの底のような英田川と宮本村は、夕方の濃い陽かげになりかけた。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまり、甚右衛門と親分との中間に立って鎖の役を勤めようという、これは昼日中でさえ相当の難事なのに、かてて加えてこのさ、この吹降り。
昔はもっと広大かったのであろうと思わせたのは、藤木氏一門のどれも美事な見上げるような墓石が、両側に五十余基も正然と、間隔をもって立ちならんでいたのでもわかる。
死後はしばらくは何事らずに無自覚しました。ってその期間がどれつづいたか、むろんもございませぬ。
別れたる、離れたる親子、兄弟、夫婦、朋友、恋人の仲間の、逢いたきとは全然っている、「縁あらばこの世で今一度会いたい」との願いの深い哀しみは常に大友の心に潜んでいたのである。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
午後二時三時のは、涼しいと思う彼の家でも、九十度にも上る日がある。風がぱったり止まる日がある。昼寝にも飽きる。新聞を見るすらいやになる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「ジャンダーク」を理想の人とし露西亜の虚無党をば無二の味方と心得たる頃なれば、両人交情の如何に他所目には見ゆるとも、妾のり知らざる所、た、知らんとも思わざりし所なりき。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
善光寺から稲荷山へ二里、稲荷山から麻績へ三里、麻績から青柳へ一里十町、青柳から会田へ三里、会田から刈谷原へ一里十町、刈谷原から岡田へ一里二十八町
大菩薩峠:24 流転の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
見たものはありません。しかし、そいつの声は、北村と合田の二人が、別々の時間に、たしかに聞いたっていうんです。一人ならともかく、二人まで、同じ声に出っくわしたんですからね
黒蜥蜴 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
一、香港行 花にそむいて春の四月に、孤独な旅人として西に向かって航海する。福建の山が見えたりかくれたりし、台湾の海はわずかなにすぎる。
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
わずかな時間に、四人の刀が、四本ながら紛失しているではないか。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
善庵は次男をして片山氏をがしめたが、格は早世した。長男正準でて相田氏をしたので、善庵の跡は次女の壻横山氏いだ。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その薄気味悪い肥土をりとっていて、たかく懸け垂れている一本の幹があれば、それには、別の茎がなん本となくわり抱きあい、その空隙をまた、葉や巻髭が
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
もう真夜中は過ぎたに違いない。俺は先刻から仰向けに寐ころんだまま、木の葉のからく星どもを見上げている。寂しい。何かひどく寂しい。
最初手でよく探ってみて蝶番いを見出さねばなりませんが、小さい丸い骨が二つ並んでいます。その骨と骨とのへ庖丁を入れると直ぐに左右へ別れます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
白刃えたような稲妻断間なく雲間き、それにつれてどっとりしきる大粒は、さながらのように人々ちました。