“格”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かく67.7%
いた9.7%
がら6.5%
かた3.2%
かど3.2%
ごう3.2%
しきり3.2%
ガラ3.2%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“格”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 諸芸・娯楽 > 撞球100.0%
文学 > 英米文学 > 戯曲16.7%
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究9.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
區役所くやくしよがよひの腰辨當こしべんたうかましたきつけてくれるのとはかくちが
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
楽屋へ抱え込まれると同時に、死んだものと思って騒いでいた粂吉が、ひょっこり大部屋かくの娘れんをつれて出たので、
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
子孫享祀きょうしして誠をもってこれを感ずるに及びては、すなわちまたよく来たりいたる。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
横井は実学を唱う、物にいたりて知をいたすは、彼が学問の功夫くふうなりといえども、彼の彼たる所以は、「神智霊覚湧きて泉の如き」直覚的大活眼かつがんにあるなり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
人の難儀——には附込まうとも——それを見かねる風ぢやないのが、何であんながらにも無い気前を見せたのかと
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「私に言ってるのならお生憎様あいにくさま。そりゃお酒を飲んだら赤くはなろうけど、端唄を転がすなんて、そんな意気な真似はお光さんのがらにないんだから」
深川女房 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
正面に芝生しばふ土饅頭どまんじゅうに盛り上げていちさえぎるみどりからかさと張る松をかたのごとく植える。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
六尺の距離はかたのごとくうずめられて、主客の位地は辛うじて、接待の道具でつながれる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのころ通油町とおりあぶらちょうに住んで、町医者でありながらひとかど以上の見識を持っていた。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
高いごう天井のいっぽうのすみに、ポッカリと、四角な黒い穴があいているではありませんか。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
木盒きばこしきりを施し、それに十二の孔を穿てり。
『聊斎志異』より (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
叙事脈に傾いて、稍はら薄い感じはするが、至尊種姓らしいガラの大きさは、十分に出てゐる。