“そむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソム
語句割合
42.8%
28.7%
9.2%
4.9%
反向3.4%
背向3.2%
外向3.2%
2.0%
0.4%
0.4%
0.3%
背反0.3%
傍向0.1%
反背0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
素向0.1%
0.1%
負向0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
く紅葉の政治的才幹が硯友社を結束し、美妙が忽ちいて孤立したのが二者の成功を著るしく懸隔さした一つの原因であった。
あなたの云いつけはくまいという努力が原初的な形であるので、それによってフーフー云ってやって、さて成程とわかる式ですね。
どうしてこんなお方にいたろうかと、身のほどがそら怖ろしくなるのだった。慚愧にうたれて、詫び入ることばも見つからなかった。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
も歴史家たる身分にかないやうに、公平無私にその話をするだらうと云ふことには、恐らくは誰一人疑をむものはあるまい。
十三時 (新字旧仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
少し顔を反向けている娘をみて、鷲尾は思わすジロジロとみつめた。福々しい幼顔はどこにも残って居らず、骨太にすくすくとのびた娘だった。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
心ありそうに、そうすると直ぐに身を引いたのが、隔ての葭簀の陰になって、顔を背向けもしないで、其処向直ってこっちを見ました。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
二人とも、灯がつくと涙の顔を外向けた。八郎太は、二人の娘の顔をちらっと見たが、平素のように、何を泣く、と叱らなかった。
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
もし官符遅く発し、朝使緩く行かしめば、時善・公廉皆魚肉とならんなり。若し禁慾の制なくんば、恐らくは防衛の方にかん。
この時節より通ひるは浮かれ浮かるる遊客ならで、身にしみじみと実のあるお方のよし、遊女あがりの去るが申き
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
るはるかぜ 羽紅
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
曰ふ、るは、氣盛なる者之を能くす、而かも眞勇に非ざるなり。孤城なきに守り、主を衆くにつ、律義者に非ざれば能はず、故に眞勇は必ず律義者に出づと。
背反くるを、銀子は声低くめて「其方が篠田様であつたんでせう」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
余の叔父は見るに忍びぬと云う様で顔を傍向けた、高輪田も熱心に探偵に向って何事をか云って居る、探偵は更に余の叔父に振り向いた、叔父と探偵との間に暫く相談が始まった様に見える。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
顔を傍向けて徒らに目を白黒した。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
……と思う間もなく私の方に身体を反背けつつ、全身をゆすり上げて、姿に似合わない小さな、弱々しい咳嗽を続けた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
あの晩石郷氏が帰ってから直ぐ、智恵子はもう一度、糸子のを訪ねると、糸子は美人像の短銃に背中をけたまま、卓子に顔を埋めて泣いて居たのだ。
踊る美人像 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「それどころか、私は、易介さんがこの具足の中にいたのも存じておりますので。それから、死んでいるという事も……」と気味悪そうに死体から顔をけながらも、庄十郎は意外なを吐いた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
かくてこそ始めて色にらず、その徳にかずとも謂ふべきなれ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ヂュリ さまの命令いた不孝むことをうたに。(膝まづきて)かうして平伏してさまのへいと、あのロレンスどのがはれました。
わたしはこんな乞食同様の人から試験を受けるのがいやさに、顔を素向けていると、孔乙己はわたしの返辞をしばらく待った後、はなはだ親切に説き始めた。
孔乙己 (新字新仮名) / 魯迅(著)
半次はうるさいから、顏をけて通るといふ鹽梅、これぢや仲良くなりつこはありませんね
生徒の質問の中で、折り折り胸を刺れるようなのがある。中には自分の秘密を知ってあんな質問をするのではあるまいかと疑い、思わず生徒のを見て直ぐ我顔を負向けることもある。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)