“もど”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モド
語句割合
74.8%
5.0%
2.5%
2.1%
嘔吐1.7%
1.7%
1.7%
1.3%
1.3%
退1.3%
0.8%
0.8%
0.4%
0.4%
0.4%
吐食0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
牴牾0.4%
遅緩0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
マルバ村へる で、もと来た路を後戻りしてその夜はキミイに一宿し、その翌日カリガンガーの河岸のツクという村に宿りました。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
阿那律その妻子の歎くをみ、その者を尋ねて悔過せしめ、男子となりって家内に遇わしめた(『経律異相』十三)。
さりとは気ままの仰せに有難うぞんじますと言ひしは覚えで、ては車の上に小石川はまだかまだかとかしがりぬ。
大つごもり (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
うぞ其後を、それから、」とには他事をいふうちがかしく、もなくした。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
嘔吐したら、また食べる迄の事さ。食べては吐き、食べては吐きしてるに船も仏蘭西の港へ着かうといふものだ。」
彼女は今大きな椅子の肱掛けに手をおいていたが、以前の彼女は入って来るなりかしそうに、その椅子へ手提袋暖手套を投げだしたものであったのだ。
ふみたば (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
拍子抜してれる貫一は、心私にその臆測のなりしを媿ぢざるにもあらざれど、又これが為に、ちに彼の濡衣剥去るまでに釈然たる能はずして、好し
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「どうするものか真赤な顔をして逃げてって了うた、それから直ぐ東京を出発何処へも寄らんでずんずんって来た」
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
商人はもとより、親が会社員にしろ、巡査にしろ、田舎の小忰でないものが、娘をめる仔細はない。故あるかな、スパルタきの少年等が、武士道に対する義憤なのである。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
行なわせて、無二無三に退るほどに
鬼桃太郎 (新字新仮名) / 尾崎紅葉(著)
腕組みをしてずかずかとると、もとより開放したままの壁に、真黒な外套が影法師のようにかかって、や、魂が黒く抜けたかと吃驚しました。
菊あわせ (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かく思い定めたれども、渠の良心はけっしてこれをさざりき。渠の心は激動して、渠の身は波にるる小舟のごとく、安んじかねて行きつ、りつ、塀ぎわに低徊せり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それをきましては、私はりますので御座います。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
始めてを水に溶き込んだように黒ずんだ濃い汁を、金盥になみなみとした時、医者はを寄せて、こういうものが出るようでは、今のうち安静にして東京に帰った方が好かろうと注告した。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
いつの間にか話声はぴたりと止んで、例のすうめきが起り出した。階下の船室から這い出して来て欄干にしがみつきながら吐いている若者もあった。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
その日は、悪酔をしたらしく、万八を出るとすぐ、苦しいといって、柳橋の鼓師桜間八重吉の家へ、あわてて寄って、吐食したり、薬をもらったりして、一刻ほど、横になっていた。
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おしなさった……それはいけない」
或る女:1(前編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
鄭芝竜(正保二年)は、我に向って、の援兵を請いつつあるに際し、英国においては鉄漢クロンウエル虎視竜蟠し、大いに海軍を拡張し、海王の覇権をば、和蘭の手よりしてこれを奪い
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
またありく、わがに。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
もちろん去年ほどの大流行ではありませんが、吐くやらすやらで死ぬ者が相当にあるので、世間がおだやかではありません。
半七捕物帳:66 地蔵は踊る (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
まざまざ目に浮かべながら、ちょっと見当もつきかねるのが、かしくも歯痒くもあったが、この少女をそれ以上苦しめることは無駄であった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
口入屋が千葉のもので、その千葉から口入屋のおやじと乳母とその母親とが、今日明日のうちに上京してくるということだったが、返電さえも来ないので、牴牾かしかった。
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
紀氏は遅緩かしくなつて、友達仲間を説き廻つて