或る女あるおんな1(前編)1(ぜんぺん)
新橋を渡る時、発車を知らせる二番目の鈴が、霧とまではいえない九月の朝の、煙った空気に包まれて聞こえて来た。葉子は平気でそれを聞いたが、車夫は宙を飛んだ。そして車が、鶴屋という町のかどの宿屋を曲がって、いつでも人馬の群がるあの共同井戸のあたり …
作品に特徴的な語句
明朝ミンチョウ こお てん 幻想レェリー まが 手練タクト かも はい 寝床バース 外面うわつら ほか 甲板かんばん げん 湿しと じか うし うわ 船室カビン 仮睡かすい 何人なんにん もど おお 下手べた ごん あい 処女しょじょ 蠱惑チャーム 手練てくだ 口論くちいさかい かお ぱな 疎々よそよそ しゃ 寝台バース とう とが ばや とどろき 毛布もうふ 退さが 憧憬しょうけい がお だか ゆる こう ほしい おく けぶ かかわ がた おも 湿うるお けい 時鐘ときがね くちなわ たか ぱら やわ 気味ぎみ くびす とお そく こら はた さあ 外面とのも 反応こたえ かえ だい ベル らく わらわ こく 米国あっち がら 家並やな 宿とま 陥穽わな すぐ 斜向はすか がん つむり 後詰ごづ
題名が同じ作品
或る女:2(後編) (新字新仮名)有島武郎 (著)
或る女 (旧字旧仮名)林芙美子 (著)