或る女あるおんな2(後編)2(こうへん)
どこかから菊の香がかすかに通って来たように思って葉子は快い眠りから目をさました。自分のそばには、倉地が頭からすっぽりとふとんをかぶって、いびきも立てずに熟睡していた。料理屋を兼ねた旅館のに似合わしい華手な縮緬の夜具の上にはもうだいぶ高くなっ …
作品に特徴的な語句
かつぎ さあ 羞恥はに はじめ 退しざ 先方あちら ぱし 使づか しょう うわ こご あく どう 動作しうち おお しゃ ぎょう ぱな ばな せき 推量ずいりょう 手練てくだ うも がん かお おわ ちゅう あたら もや こう しゅ ぞこ 大床おおとこ かた 空腹ひもじ おり いそ 谷々やとやと すく 冒頭まえおき せい ゆる 心地ごこち いた 注視みつめ かな 出稼ともかせ じょう がら 一反ひとそ 一向ひたすら 陥穽わな 春雨しゅんう 一寸いっすん せん けん すぐ どき 一構ひとかま はた 宿とま とお 格子ごうし すす ぶん 何時なんじ がね かえ うたぐ どころ がん つむり さあ
題名が同じ作品
或る女:1(前編) (新字新仮名)有島武郎 (著)
或る女 (旧字旧仮名)林芙美子 (著)