“鮮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あざや42.5%
あざ25.7%
あざやか16.5%
すくな5.1%
あたら4.3%
すく1.5%
あき0.8%
あざら0.8%
あた0.8%
すくない0.3%
フレッシュ0.3%
あきら0.3%
あきらか0.3%
あざらけ0.3%
あたらし0.3%
あだや0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゆくてに高きは、曾遊の八ヶ岳——その赤岳、横岳、硫黄岳以下、銀甲つけて、そそり立つ。空は次第に晴れて山々もかに現れる。
雪の武石峠 (新字新仮名) / 別所梅之助(著)
窓の半分を明るくした、秋の夜の月明り、の中にしよんぼり女の立つて居るのが、影繪のやうにやかに障子に映つて居るのです。
すると其時夕刊の紙面に落ちてゐた外光が、突然電燈の光に変つて、の悪い何欄かの活字が意外な位に私の眼の前へ浮んで来た。
蜜柑 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
香取秀真氏が法隆寺の峰の薬師で取調べたところにると、お薬師様に奉納物の鏡には、随分れた価値のものもくなかつたが
私のように冬でも夏でも年中川や海へ釣の旅をして、しい魚をんでいるものでも、秋がくると特に魚漿にうま味が出てくるのを感ずるのである。
秋の鮎 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
宇内の大勢を揣摩し、欧洲の活局を洞観するの烱眼に到りては、その同時の諸家、彼に及ぶものなし、いわんや松陰においてをや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
そして、這うが如く、なお断崖のへりまで行くと、眼の下の盆地に、忽然と、らかな城廓が望まれた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
實に春秋にけく、三三が九、二五十の理は珍らしからずと雖も、實に算數の術日に新に開くるも、畢竟此の外に出でざるに於けるをや。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
朝晩魚がらしかつたり、庭先の砂地にが出てゐたり、隣家の井戸端に海水着が沢山干されてあつたりしてゐると、やはり避暑地の晴々とした安楽を感じる。
愚かな父 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
言語を鄭重にしたり温和にすれば、すぐに巧言と解し、威儀をもって語れば令色と曲解し、すぐにかなと結論をくだす。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
氷河や山稜の削りとられた鋭い輪廓は、立体的には見えないで、薄い、然しな色彩で、大空に画かれた蜃気楼のように思われた。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)
雲の海は、怒濤を起しはじめた。——やがて濃尾の平野はその下からかに見え出してくる。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
突き出た大きな岩の手前まで来ると、その声はいよいよになった。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
あの暗灰色の菱形を、三角形に積んで、下積になったのは、軒下の石にを流して、上の方は、浜の砂をざらざらとそのままだから、海の底のピラミッドを影でさがある。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其の状、も緋色の房の如く、之を水に投ずれば、一層の艶を増してかに活動し、如何なる魚類にても、一度び之を見れば、必ず嚥下せずには已むまじと思われ、必勝を期して疑わず。
大利根の大物釣 (新字新仮名) / 石井研堂(著)
頃は夏の最中、月影やかなる夜であつた。僕は徳二郎のについて田甫に出で、稻の香高き畔路を走つて川のに出た。堤は一段高く、此處に上れば廣々とした野面一面を見渡されるのである。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)