卵塔場の天女らんとうばのてんにょ
時雨に真青なのは蒼鬣魚の鰭である。形は小さいが、三十枚ばかりずつ幾山にも並べた、あの暗灰色の菱形の魚を、三角形に積んで、下積になったのは、軒下の石に藍を流して、上の方は、浜の砂をざらざらとそのままだから、海の底のピラミッドを影で覗く鮮さがあ …
作品に特徴的な語句
ねじ づくり ねえ おッそ 祖父おおじ ぶッ あたらし 行為ふるまい こごみ だっ 祖母おおば やッ ぶち さま 養父てておや くち 引被ひきよ あけ そくな ささ 打撲ぶっぱた 養父ちちおや おど 亭主うちのひと いい おん ばな がまえ 打撲ぶっくら おっか すずし どおり 十分いっぱい 上下あげおろ ぶち たべ ある いまし 二十にんじゅ ゆい 嬰児こども きつ 旦那かた へた わけ ひと 三頭さんびき がわ おつ 穿はき かッ 申合もうしあい かぶり ひや ちゅう 光沢ひかり あが 冷評さま やさし とこ なり 暗中くらやみ 乾干しな とおり きもの 前刻さきに おっ づら 幾干いく つつ かえ ごしら ほっ はだ 取換とっか 出迎でむかい 耳朶みみたぼ つくば っか ことば かけ ふり ぴき 地方いなか 小児がき