卵塔場の天女らんとうばのてんにょ
時雨に真青なのは蒼鬣魚の鰭である。形は小さいが、三十枚ばかりずつ幾山にも並べた、あの暗灰色の菱形の魚を、三角形に積んで、下積になったのは、軒下の石に藍を流して、上の方は、浜の砂をざらざらとそのままだか …
作品に特徴的な語句
烏賊いか 手桶ておけ 夜叉やしゃ 浅葱あさぎ 眷属けんぞく たこ 呂律ろれつ 従妹いとこ 博多はかた もんめ 布子ぬのこ 櫛巻くしまき 耳許みみもと 胡麻塩ごましお なまず 護謨ゴム 鉄漿おはぐろ 捗取はかど しじみ 目貫めぬき 腹癒はらいせ たちばな 藍色あいいろ 余裕ゆとり 熨斗のし 立竦たちすく 蹴出けだ 瑪瑙めのう 十重二十重とえはたえ 可懐なつかし 不躾ぶしつけ 栄螺さざえ 蒲鉾かまぼこ なし 山車だし 三途さんず 仕来しきた 引緊ひきし 討死うちじに 花弁はなびら 花簪はなかんざし どじょう 甲羅こうら 島田髷しまだまげ 台辞せりふ 一廉いっかど 片頬かたほ 円髷まるまげ 御新造ごしん 町家まちや 妙齢としごろ 冥途めいど 山姥やまんば 魅入みい かがり 湯呑ゆのみ 山茶花さざんか 突如いきなり 陶然とうぜん 串戯じょうだん 他家よそ 莞爾々々にこにこ 紺青こんじょう 不知火しらぬい そそ 草鞋穿わらじば 風説うわさ 天降あまくだ たら 一群ひとむれ いただき 海豚いるか 真青まっさお 内端うちわ ゆず 面食めんくら 高嶺たかね 暗夜やみ 大釜おおがま 狂気きちがい 処々ところどころ 日南ひなた 目当めあて 起居たちい 不忍池しのばず 撫肩なでがた りん 居所いどころ 友染ゆうぜん 有象無象うぞむぞう 青苔あおごけ 立停たちど 篳篥ひちりき 国境くにざかい 轆轤ろくろ 荒磯あらいそ みぎり 冷酒ひやざけ 広袖どてら 二条ふたすじ