“前刻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さっき52.7%
さつき27.3%
さき5.5%
せんこく5.5%
さきに3.6%
さツき1.8%
いましがた1.8%
ぜんこく1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ですから何日の何時頃、此処で見たから、もう一度見たいといっても、そうはかぬ。川のは同じでも、今のは前刻の水ではない。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
はその前刻からとなく婦人畏敬じてか、命令されるやうに心得たから、いはるゝままに草履穿いた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
跡方も無い嘘はけぬ。……爺さんは実に、前刻にお孝にもその由を話したが……平時は、縁日廻りをするにも、お千世が左褄を取るこの河岸あたりはっていたのである。
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
立派にいふて除けるつもりなりしも、涙の玉ははらはらはら、ハツト驚くお糸の容子に、前刻より注意しゐたる義父は、これも堪へず張上げたる声を曇らし
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
こつねんと前刻から一人で、一口ずつ飲んで、飲んでは仮睡をするらしかったが、ごッつり布子で、この時である。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
難有じます、ともくはござりません、前刻ひましたので草臥もすつかりりました。)
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
旦那前様吃驚さつせえたらうが、前刻一所に、裸骸けるのをは、やれ、五十年百年目には、るか、と魂消ましけえ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
前刻より無言にて平伏したる恩田杢此時はじめて
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)