“さき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サキ
語句割合
24.3%
22.6%
17.3%
先方7.0%
4.6%
4.2%
尖端3.6%
2.0%
先刻1.8%
1.2%
前途1.1%
1.0%
0.9%
前方0.6%
先端0.6%
将来0.6%
0.5%
以前0.5%
尖頭0.4%
ヶ崎0.3%
0.3%
先頭0.3%
0.2%
前刻0.2%
先鋒0.2%
0.1%
0.1%
対手0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
未来0.1%
沙紀0.1%
狹城0.1%
狹木0.1%
0.1%
0.1%
好去0.1%
曩日0.1%
疇昔0.1%
遠方0.1%
他日0.1%
以後0.1%
佐紀0.1%
先途0.1%
0.1%
其先0.1%
前程0.1%
又前0.1%
向者0.1%
対方0.1%
尖所0.1%
0.1%
往日0.1%
0.1%
0.1%
敵手0.1%
0.1%
最先0.1%
未來0.1%
0.1%
0.1%
良人0.1%
0.1%
鋩子0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
按摩に、べりの水除ると、両手をかけて、ズイとばし、てゝえて様子、——とふ。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
昔も近江街道を通る馬士が、橋の上に立った見も知らぬから、十里の一里塚の松の下のへ、と手紙を一通ことづかりし事あり。
夜叉ヶ池 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
むっとった待合のへ、コツコツと——やはり泥になった——い靴のを刻んで入った時、ふとその目覚しい処を見たのである。
売色鴨南蛮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
校長先生の筆で、是非彼に勧めたい人があると言って、先方でもこの話の成立つことをひどく希望していると書いてよこしてくれた。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と、武田勝頼は、父祖数代の古府——甲府の躑躅からこの新府へ——年暮の二十四日というのに、引き移ってしまったのである。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
主人の君も我を愛し給ふ。この愛は、らずも我母上を、おのが車のにかけしことありと知りてより、愈〻深くなりまさりぬ。
罵声が子路に向って飛び、無数の石や棒が子路の身体に当った。敵の尖端めた。(冠の)がれて、冠が落ちかかる。
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
私はその女のかんざしを揷した髪の上から鼠色の頭巾を冠つた形がの尖つた擬宝珠によく似て居たことを覚えて居る。
(新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
絵師の家の主人が出て木戸の錠をして出掛けて行つた。先刻女客の行つたと同じやうにまた石段からぐ隠れてしまつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
不思議な事には、親しくなるにい次第に愛想が無くなり、鼻の待遇て折に触れては気に障る事を言うか、さなくばにおひゃらかす。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
前途はどうなっても構わない……というような、一切合財をスッカリ諦らめ切ったような、ガッカリした気持ちになってしまった。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
第三句の字余りは、人麿の歌にも、「くあれど」等があるが、後世の第三句の字余りとは趣がちがうので破綻云々と云った。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
朝のお食事を軽くすましてから、私は、焼けた薪の山の整理にとりかかっていると、この村でたった一軒の宿屋のおかみさんであるおさんが
斜陽 (新字新仮名) / 太宰治(著)
私は元気づいて前方を馳ってゆくを悲しそうに見た。「あれだけが生きている。あれがみな知っている。」と思った。「あれがもし話ができたら、よく私を慰めてくれるに違いない。」
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
噛み砕いた鉛筆の末端の様に、先端のほうけたステッキに、小さな風呂敷を結えつけて、それを肩にひっ担いでいた。
放浪の宿 (新字新仮名) / 里村欣三(著)
「だって将来の事なんかわかんないんですもの……貴方みたいに正直に、何もかもに受けて、青くなったり、赤くなったり……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
にも述べた通り、様々な工藝の中で最も吾々の日常生活に深い交りをつものは民藝です。民藝こそは国民生活の一番偽りなき反映なのです。
美の国と民芸 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
わが用ゐし言葉は、ネムブロットのがかの成し終へ難きを試みしその時よりも久しき以前に悉く絶えにき 一二四—一二六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
無花果のような顎の下の肉、白い脂肪、断面あらわに首は危く竹の尖頭に留まっている。
話をしているうちに偶然、そのお嬢さんがぼくの育った鎌倉稲村ヶ崎につい昨年、おられたことがり、二人の間に、七里ヶ浜や極楽寺りの景色や土地の人のなどがはずみ
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
しかし、これを裏へ出れば屏風となり、遠からずして犬吠があり、銚子の港がある。銚子の港の前面には、利根の長江がっているから、まさかそれをよこぎるほどのことはあるまい。
大菩薩峠:28 Oceanの巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
武右衛門と孫右衛門は左角の鍵屋の軒へ忍んで北谷口で逸する敵の退路を切取ると共に先頭に立つ一人を斬る。荒木、渡辺の二人は万屋の小影に身をひそめて又五郎と附人に当る。
鍵屋の辻 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
に御相談申し候尊攘堂の本山ともなるべし。人物集り書籍集りたる上にて、神道を尊び神国を尊び 天皇を尊び、正論ばかり抜き取り一書として天下につべし。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
柳町の裏長屋で……魚頭も鱗もない、黄肌鮪に弱った事は、——前刻に言った通りです。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
其の言には、政宗今日夕刻より虫気り在り、何とも迷惑いたし居り候、明日の御働き相延ばされたく、御先鋒候事成り難く候、とあるのであった。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
オホキビツ彦の命とワカタケキビツ彦の命とは、お二方で播磨忌瓮えてり、播磨からはいつて吉備の國を平定されました。
ねてく、も来る、そこで学校外ぶやうにつたのです
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
が、それは自分勝手に、対手が色仕掛けにする……いや、してくれる……と思った、こっちが大の自惚……
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ジ其名実ヲシ集メテ以テ之ヲ大成シ此ニ日本植物誌ヲ作ルヲ素志トナシ我身命ヲシテ其成功ヲ見ント欲スニハ其宿望遂ニ抑フ可カラズ僅カニ一介書生ノ身ヲ以テ敢テ此大業ニ当リ自ラツテ先ヅ其図篇ヲ発刊シ其事漸クシトモ後クモナク悲運ニ遭遇シテ其梓行ヲ停止シ此ニ再ビ好機来復ノ日ヲ
死刑執行者論據うでした、それからさるべきがなければ、ることは出來ない、てそんなをしたこともなければ、これからとても一生涯そんならうがない。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
竹のとををとををに二九、天の眞魚咋三〇獻る
未来のことを考えると、絶望が真っ暗な大きな口を開けて待っているだけだった。
五階の窓:04 合作の四 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
天皇、御年九十五歳(乙卯の年三月十五日崩りたまひき。)御陵は、沙紀多他那美にあり。
狹城楯列の御陵にお葬り申し上げました。
またその皇后ヒバス姫の命の時に、石棺作りをお定めになり、また土師部をお定めになりました。この皇后は狹木寺間の陵にお葬り申しあげました。
火薬袋のをクルクルと短銃のに巻いて、羽織の後ろへ差した最前の武士が、こういって止め合図をかけると、その露をふくんだ春草の上へ駕尻軽く下ろされて、若党らしい者三、四名
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
火はその習ひにしたがひてしばらく鳴りて後とがれるをかなたこなたに動かし、氣息を出していひけるは 五八—六〇
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
さて、それでは、マア坊のいない間に、さっきの歌の「如何に好去くや」というところを、なんと解釈してやったらいいか、考えて置かなければならぬ。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
相見ずて長くなりぬ頃は如何好去くやいぶかし吾妹
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
因って儂ら同感の志士は、これを未萌削除せざるを得ずと、曩日に政府に向かって忠告したる所以なり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
曩日に政府は卑屈無気力にして、かの辮髪奴のためにめを受けしも、民間には義士烈婦ありて、国辱をそそぎたりとて、大いに外交政略に関する而已ならず
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
疇昔の日おん身が物思はしげに打沈みてのみ居給ひしとき、き身のそを慰め參らせばやとおもひしことあり。その時より今日までは、まだしみ/″\とおん物語せしことなし。
唯だ小尼公のすゞしき目の我面を見上げて、衆人の罪惡の爲めに代りて我に謝するに似たるありて、われはその辱の疇昔よりも忍び易きを覺えたり。におもふに我にはまことに弱點あり。
いよいよ配る段になると、聞き伝えて十町遠方からも貰いに来て、半時間経つと、一袋も残らず、葬礼人夫は目がまわった。
婚期はずれ (新字新仮名) / 織田作之助(著)
ある日、敬二郎が二階の窓からたんを吐くと、路地を通っている銭湯屋の娘の顔に掛った。それでおたかと銭湯屋との仲は目立って仲がわるくなり、子供たちは二町も遠方の銭湯へ行った。
婚期はずれ (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「君はばかだよ。帰らなくてどうして生きかえることができる。僕が他日で湖南にゆくから、その時逃げないようにするがいい。機嫌よくね。」
連城 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
承知して居ながら、其が我輩には出来ないから情ない。是から以後我輩に働けと言ふのは、死ねといふも同じだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
長皇子(天武天皇第四皇子)が志貴皇子(天智天皇第四皇子)と佐紀宮に於て宴せられた時の御歌である。御二人は従兄弟の関係になっている。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
……実は、自宅玄関へ出た私ども家内が、「先途は麻布の色町ですよ、」とこの運転手に聞かせたからですが。
雪柳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
卯平火箸落葉すやうにしててゝてもはもうぽつちりともなかつたのである。はそれから燐寸してたが何處にも見出されなかつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
其先を僕が言おうか、こうでしょう、最後にその少女欠伸一つして、それで神聖なる恋が最後になった、そうでしょう?」と近藤も何故か真面目で言った。
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
『どうせつなら品川ちましようか、じことでも前程つて氣持いから』
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
蔦蘿に包まれたる水道のとこれを圍める橄欖の茂林とは、黯澹たる一幅の圖をなして、わが刻下の情にへり。われは又前に過ぎたる門を出でたり。門外に大廢屋あり。
向者より待合所の縁にりて、一の書をける二十四、五の壮佼あり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金剛杖を棄置いて、腰のらぬ高足をと踏んで、躍上るようにその前を通った、が、可笑い事には、対方女性じゃに因って、いつの間にか、自分ともなく、名告慇懃になりましてな。……
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それはさうと、只今しましたり、尖所苦艾めさっしゃると、いので、阿呆どのがむづかって、をなァがって! すると鳩小舍が、がた/\/\。
には緑色の獅子頭みて、象牙の如く瑩潤に白きを携へたるが、そのをもて低き梢の花を打落し打落し
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そしてヨブの所に来り見れば往日の繁栄、往日の家庭、往日の貴き風采悉く失せて今は見る蔭もなく、身は足のよりまで悪しき腫物に悩み
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
し、くき
鬼桃太郎 (旧字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その全生涯の大部分をげ尽して書いた、最も貴重なる作品「カンタータ」でさえその有様である。もっとも、一部分だけいて吹込んだものは相当たくさん入っている。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
それを私が今日始めて知つたのではない、知つて身をしたのは、私は当時敵手を殺して自分も死にたかつたくらゐ無念る失望をした事があつたからです。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
夫婦をせて焼亡せし鰐淵が居宅は、さるほど貫一の手にりてその跡に改築せられぬ、有形よりは小体に、質素を旨としたれどの構造をしてはざらんとめしに似たり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
最先に歩めるかの二人が今しもの端にいたれる時、闇中を歩めるかの黒影は猛然と暗を離れて、二人を追いぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「歸りたいわ。だけど誰だつて未來の事はわからないわ。」
かれ二柱の神、浮橋に立たして、その沼矛して畫きたまひ、鹽こをろこをろに畫きして、引き上げたまひし時に、その矛のよりる鹽の積りて成れる島は、淤能碁呂なり。
怖いわねえ! この辺には一本だつて天までとどくやうな樫の樹はないのね。だけれど、どこかしら遠い遠いお国に、が天国までもとどいて、ゆらゆら揺れてゐる樹が一本あるつてことよ。
私ゃお祖父さんのことばかり考えて、別に何にも良人の事は思わないもんだから、ちょいと見たばかりで、ずんずん葛籠へしまいこんで打棄っといたわ。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私の手元には此の写真(に云へる民友社の揷絵に似たるもの是也)一枚だけしか有りませむ。
身を低めてえに退いたから源十郎はすんでのことでわれと吾が足を愛刀の鋩子にかけるところだった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)