夜叉ヶ池やしゃがいけ
場所越前国大野郡鹿見村琴弾谷 時現代。——盛夏 人名萩原晃(鐘楼守) 百合(娘) 山沢学円(文学士) 白雪姫(夜叉ヶ池の主) 湯尾峠の万年姥(眷属) 白男の鯉七 大蟹五郎 木の芽峠の山椿 鯖江太郎 鯖波次郎 虎杖の入道 十三塚の骨 夥多の影 …
作品に特徴的な語句
かえる でっけ しょ たた 歩行ひろい わか あおむ いっ なげ 嬰児ねんねえ でか つぱ しな きさま つつ うち 可恐おそれ あらたま あけ うつくし 父親おとっ かたり つけ かむ もが とどま われ いら えつ さだめ 所謂いわれ 大雷だいらい だき 鐘楼つりがねどう あかり 背向せむき 出懸でがけ 汚穢むそ 一条ひとつ かわ おら おごそか ねたま 可恐こお 大蛇うわばみ 伴侶みちづれ しゃく みな 地摺ちずり 翌朝あした ひとつ あきらか とこ わらい 汝等きさまら おどし 落着おちつき 可愛かわゆ 退さが 合点のみこ 茶店ちゃや すさまじ ことば ぬか こうべ とざ 一燻ひといぶ ねむ たや まも たなそこ あが うっ 最早もは 一条ひとくだり つる 可哀あわれ みつ あらた 晃然こうぜん 夕陽せきよう 可恐こわ たか かりがね つりがね 閉込とじこ いなびかり わし かず 打笑うちえ つち 茅屋かやや 戸外こがい みんな こら かさな なまめ