“もと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:モト
語句割合
16.3%
14.7%
8.7%
7.2%
6.5%
6.1%
4.7%
4.4%
以前3.6%
3.2%
2.9%
2.2%
2.1%
2.1%
2.0%
原因2.0%
1.7%
1.1%
資本1.1%
1.0%
0.7%
0.7%
元来0.3%
0.3%
元金0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
旧来0.1%
旧時0.1%
0.1%
0.1%
源因0.1%
0.1%
酵母0.1%
0.1%
旧態0.1%
元手0.1%
0.1%
動機0.1%
0.1%
0.1%
根元0.1%
根本0.1%
素因0.1%
起因0.1%
元來0.0%
基因0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
元料0.0%
前身0.0%
原料0.0%
原状0.0%
0.0%
因由0.0%
固已0.0%
基本0.0%
基礎0.0%
平常0.0%
往時0.0%
0.0%
従前0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
旧処0.0%
0.0%
本來0.0%
本来0.0%
本質0.0%
材料0.0%
根源0.0%
0.0%
深因0.0%
0.0%
生国0.0%
産地0.0%
由來0.0%
0.0%
茂登0.0%
葡萄汁0.0%
0.0%
要求0.0%
資金0.0%
起原0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紀州のお国の方からも多勢お里の方がお見えになっていらっしゃったが、もうその頃には女中さんの病気もだいぶ悪かったらしく
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
しかしこの数字は、カドミウム元素から或る発光条件のに出る或る光の波長を基準として、それとの比較値を示しているのである。
地球の円い話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
しかしよりこの区別は絶対的でないのであるから、自己の運動であっても少しく複雑なる者は予期的表象に直に従うことはできぬ
善の研究 (新字新仮名) / 西田幾多郎(著)
おなじく桂川のほとり、虎溪橋の袂。川邊には柳幾たちて、と蘆とみだれ生ひたり。橋を隔てゝ修禪寺の山門みゆ。同じ日の宵。
修禅寺物語 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
家に、防ぐ筈の石城が失せたからだと、天下中の人が騒いだ。其でまた、とり壊した家も、ぼつぼつに戻したりしたことであった。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
より赤の他人には相違ありませんが、一と月でも半月でも、離屋に置いたお半を、このまま犬猫のようにるわけにも行きません。
リューマチ性の熱がで六週間もポルダー邸を混乱させ、ポルダーの仕事を中止させ、ポルダーの寝室でほとんど死ぬほどに苦しんだ。
「おであろうとであろうと、子供のためにも、せめてこの子が十になるまででも、のようにいっしょにいてくれないか。」
葛の葉狐 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
悲しい事実も、盛時の彼女には悲話は深刻なだけ、より彼女が特異の境遇におかれるので、彼女は以前から隠そうとはしなかった。
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
通常人間は、いいことも、いことも身外からめます。馬車だとか、書斎だとかと、しかし思想家自身めるのです。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
此君にして此臣あり、十萬石政治りて富國強兵きし、恩田杢は、幸豐公活眼にて、擢出られしにぞありける。
十万石 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
而シテ君今亡シ。嗣子紳六郎男、其伝ヲ携ヘ来リテ之ニ序セムコトヲム。余之ヲ読ミテ其感ニ堪ヘス。即数言ヲ記シテ以テ之ヲ返ス。
西周伝:05 序 (新字旧仮名) / 津田真道(著)
芳賀博士はこの話を『今昔物語』十巻三十八語のと見定められた、その話は昔震旦の猟師海辺に山指し出た所に隠れて鹿を待つと
それは中世紀の坊主が地動説は神に對する冒涜であると批難し、近世の宗教家が進化論は聖書にると批難したのと同斷である。
唯物史観と文学 (旧字旧仮名) / 平林初之輔(著)
水鬼はめるという諺があって、水に死んだ者のたましいは、その身代りを求めない以上は、いつまでも成仏できないのである。
これがいつまでわが目の樂なりしやといふ事、大いなる原因、またわが用ゐわが作れる言葉の事即ち是なり 一一二—一一四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「鳥あり、鳥あり、丁令威。家を去る千年、今始めて帰る。城廓の如くにして、人民非なり。なんぞ仙を学ばざるか、塚纍々たり」
むる物あって得ざるの様子であった。かくてこの裁判は、証拠不充分放免という宣告に終り、被告は直ちに自由の身となった。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
屑屋の資本の財布を、首からはずして、ぐるみ、クルクルと巻いたかと思うと、万吉は、それをポーンとほうってやって
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
視力りてさきに堪ふるに及び(わがこれを小さしといへるはしひてわが目を離すにいたれる大いなる輝に比ぶればなり)
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
默つて困苦に堪へてゐる農民をして困苦に堪へしめてゐる力のに、この驚きと喜びとがあることは思ひのほかなのではないかと思つた。
続生活の探求 (旧字旧仮名) / 島木健作(著)
一般の安全をりて保護の世話をなし、人民は政府の命令に従いて指図の世話にることあらざれば、公私の間く治まるべし。
学問のすすめ (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
桂家の屋敷は元来、町にあったのを、家運の傾むくとともにこれを小松山の下に運んで建てなおしたので、その時も僕の父などはこういっていた
非凡なる凡人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
何枚かのレコードをめて出ようとすると、雨であつた。狐の嫁入りだから直ぐやむだらうと暫らく待つてゐたが、なかなかやみさうになく、本降りになつた。
木の都 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
いつ知らず「俺の方が元金がかゝつてゐるのに……」といふ不平を抱いてゐるのである。
心理的と個性的 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
汝なほ食卓に向ひてしばらく坐すべし、汝のくらへる食物はその消化るゝ爲になほ助けをむればなり 三七—三九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
さればも晴やかなる汝達取り巻きまつり
又わたくしは事実をむるに急なるがために、翫味するに堪へたる抒情の語をも、惜しげなくり去つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
高雄艦長軍艦」の艦長、松島海軍大佐閣下部下信號兵だよ。』と、水兵ませ
「では、冀州河北省・中南部)の太守韓馥に、事情を告げて、兵糧のを借りにやろう」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
何をして居た、旧来は。
かんかん虫 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
あの幇間が旧時あの侍の処に奉公した仲間で、それが何か持逃げをしてプイと居無くなってたのが、幇間に成って居るから、捨置かれん、何故己の事を蔭で悪くいうとってるので
人誰か父母の国を思ハざらんや。然ニ忍で之を顧ざるハ、情の為に道にり宿志の蹉躓を恐るゝなり。志願果して(ならずん)バ、復何為にか君顔を拝せん。
隅田川なる風景によってその抒情詩的本能を外発さすべき象徴をめた理想的内面の芸術ともいい得よう。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
かかるにお花と源造に漢書の素読、数学英語の初歩などを授けたが源因となり、ともかく、遊んでばかりいてはかえってよくない、少年を集めて私塾のようなものでも開いたら
河霧 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
仏教の干渉介助が始まってこの作法のややんだ頃に、すなわちかの多くの水の神が妻をめる話は起ったのであろう。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
「これだつか、喜劇の酵母だつせ。」
それがとなって病いは重るばかりで、みんなと一緒に信州まではともかくも乗り込んだものの、とても舞台の人にはなれそうもないので、旅さきから一座の人々に引き別れて
子供役者の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
……死ぬ程、愛し合っている親子同志や恋人同志が、先生方の手で無理やりに引離されて、地獄よりも、非道い責苦を見せられているのを、先生方はどうして旧態に返して下さるのです。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「あッ。あああ……これで、ようよう元手取った」
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
郵便局員は、さも狡猾そうにめてう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
またはどういう身分の女がなにが動機でこうも浅間しく気が狂ったのか、それらのことはいっさいわからなかった。
以テ彼ノ大学企図ノ大業ニ従フヲ以テ我畢生ノ任トナシ其任ヲ遂グルヲ以テ我無上の娯楽トナスノ外テ富貴ヲ望ムニ非ズ今ヤコノ書ノ発刊ニ臨ミテ之ヲ奇貨トシ又何ゾリニ巧言シテ世ヲキ以テ名ヲメ利ヲ射ルノ陋醜ヲ為サンヤ敢テ所思ヲ告白シテ是ヲ序ト為ス
起きよ、我儕往くべし。我をすもの近づきたり、此如いへるとき十二の一人たるユダと棒とを持ちたる多くの人人とに祭司のと民の長老より来る。
接吻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それが、根元と申しますのは、地体この地震の風説は、師走以来の陽気から起ったのでござりましょう。
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
けれどもその面白い出来事の根本になるその妃の素性がはっきりわからないではつまらないではないか。
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
我が行為のお糸を遠ざからせ、重兵衛を怒らせたる素因を忘れて、二人をのみ怨み罵りぬ。
心の鬼 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
なに自分が太い癖に何卒してお隅を手に入れ様と思ううち、ふと思い出して胸へ浮んだのは、噂に聞けば去年の秋大生郷の天神前で、安田一角と花車重吉の喧嘩の起因はお隅から
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
イワン、デミトリチ、グロモフは三十三で、此室での身分いもの、元來裁判所警吏縣廳書記をもめたので。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
號室番目は、元來郵便局とやらにめたで、いやうな、狡猾いやうな、い、せたブロンヂンの、利發らしい瞭然とした愉快眼付ると正氣のやうである。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
私といふものある前で、主人までが品評め。お前なんぞはそちらの隅にと、いはぬばかりの誉め方を、致した事もござんすが。誉れは、結句譏りの基因
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
頭隠して尻隠さぬ、不念が基因のこの失策を、何とそなたに謝罪らう。かうと知つたら、かねてより、身の素性をばそなたにも打明けておいたなら、その心得もあつたもの。
移民学園 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
そねが そね二五
粟生には 臭韮二四
むゝ、あの貧人から是非めうわい。……でもであった。祭日ゆゑ貧乏店ってある。……いや、なう/\! 藥種屋はおりゃるか?
食物めてけたがよい。……(行きかけて藥瓶を見て)ではない興奮劑よ、さア一しょに、ヂュリエットのい、あそこで使はにゃならぬ。
夜が來て酒倉の暗い中からすり歌のの音がしんみりと調子をそろへて靜かな空の闇に消えてゆく時分になれば赤い三日月の差し入る幼兒の寢部屋の窓に青い眼をした生膽取の「時」がくる。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
すり唄のこころは
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
てもつかれずや、コホンコホンとく声の、骨身にへてセツナそうなるにぞ、そのつど少女は、慌てて父が枕なる洗ひ洒しの布片を取りて父に与へ、赤きものの交りたる啖を拭はせて
小むすめ (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
まず材をよく磨きてのち、鉛丹膠水、または尋常荏油仮漆せたる、黄赤にしてたいまい色をなすところの元料を塗る。
元禄十三年 (新字新仮名) / 林不忘(著)
ところでその今の母親と言うのは前身芸妓上りと言う事で、まだ色も香も相当残っとる年増盛りじゃが、そのような女にも似合わず
「アアなるほど、あの灰汁水を作る原料ですな」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
併し藤沢は、抑えている間は縮んでいる発条のように、手を放すとすぐに原状に戻って、まもなくその時の恐怖感を忘れてしまうのだった。
熊の出る開墾地 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
「いったん、泥と血とがこね返って、新しい世が立てなおる、王政はにかえる」
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
われはおそる/\その不興の因由を問ひしに、主人頭をりて、否、なき訴訟の事ありて、の不安を感ずるに過ぎず、ポツジヨは久しくおとづれず、おん身さへ健康すぐれ給はざる如し
ザレバ鳥啼虫吟沾沾トシテラ喜ビ佳処アリトイヘドモ辺幅固已ヨリ狭シ。人ニ郷党自好ノ士アリ。詩ニモマタ郷党自好ノ詩アリ。桓寛ガ『塩鉄論』ニ曰ク鄙儒都士カズト。信ズベシ矣。
小説作法 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
法術と云うてもその基本精神の工夫の鍛錬じゃ。精神が一ヵ所に集まって自我を一切忘却し、他物に自身を移した時、そこに法術が現われる。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「自己が基礎ではないか。いかなるも自己の発顕じゃ。自己すら考えぬなどという人間が、他のために何ができる」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
政雄はその日からのようになって雑貨店の二階に寝ていたが、十日位してやっと精神が平常して来た。精神が平常に復して来ると安閑としてはいられなかった。
女の怪異 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そこは、往時女髪結で直樹の家へ出入して、直樹の母親の髪を結ったという老婆が見つけてくれた家であった。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
故に山羊は邪鬼だというと、これは足の構造に基づくはもちろんながら、山羊、綿羊共に決して一汎にいわるるほど柔順でなく卞彬は羊性淫にしてるといった。
五合、三合、従前の通りになって、らば烟草の方はまぬむかしの通りにしようとしてもれも出来ず、馬鹿々々しいとも何ともけがらない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
の位置にパチリとめた。
国際殺人団の崩壊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
瘠我慢は、福沢先生が明治二十四年の冬頃に執筆せられ、これを勝安芳榎本武揚の二氏に寄せてその意見をめられしものなり。
瘠我慢の説:01 序 (新字新仮名) / 石河幹明(著)
寛懐俗情にらざるはなり、立脚俗情にちざるはなり」
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
その点をもう少し世間に、或いは世界に施してらぬように示す義務があるだろう。
雪之丞は、そう心に呟きながら、懐剣に懐紙でいをかけて、に収めると、供男の姿をあたりにめたが
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
今だってともこうしていたくはないけれど、こう草臥ては退くにも退かれぬ。少し休息したらまた旧処へ戻ろう。幸いと風をにしているから、臭気は前方へ持って行こうというもの。
美代子さんは、ちょうど十二でした。このごろは、いので学校んで、医者にかかっていました。けれどなかなかのように元気よく、くなおりませんでした。
千代紙の春 (新字新仮名) / 小川未明(著)
花ともなさむ本來の性。
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
けれど、何度それを本来の場所へ当てがってみても、依然として、その躍起の努力も水泡に帰した。
(新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
またかぎりない変転の本質を知った。
ルバイヤート (新字新仮名) / オマル・ハイヤーム(著)
正月を当てこんでうんと材料を仕入れるのだとて、種吉が仕入れの金を無心に来ると
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
御存じのく、海底戰鬪艇ての機關は、秘密なる十二化學藥液作用活動するのでせう、活動根源となる藥液は、く十二の密封されて
飮ながら偖々御亭主店先をがせ氣の千萬がしはより生れ付て容體に一はぬゆゑ是までも兎角人に見下られ殊に見らるゝ如く大いなる木太刀を二本さして歩行けれども
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
実は、私も、彼様いふ目に逢はせられたもんですから、其が深因で今度の事業を思立つたやうな訳なんです。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
普通人其儘の生活を持つことが理想にるものではない。
万葉びとの生活 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ア気も違いません、より貴方さまに斬られて死ぬ覚悟で、承知して大事のお皿を悉皆打毀しました、もし旦那さま、私ア生国行田の在で生れた者でありやすが
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
……酒は都菊産地仕入れでございますから量はたっぷりいたします。なにとぞ嚮後ごひいきに、へい
不幸由來めて、しの夜半にも、かぬまぬりずみのくなり、むに素性しらねばこそ樣々傳手めて、香山令孃くるしく
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
の真白きゆ湧く水の
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ことに由利江の生母が亡くなった当時、それは彼女が十二歳になった初夏のことであるが、金之助の母の茂登女は由利江をあわれむ余り家へつれて来て、百日ばかりそばに置いて世話をした。
落ち梅記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
『これらを澄ませる事が出來さへしたら、まつたく素的な酒になつてゐたんだがなあ。この中にや確かに、パンポルの小賣店屋の窖の中の奴なんかよりや、餘程澤山の葡萄汁がはいつてゐますぜ』
その頃筋違見附、今の万世橋は、丸ノ内、日本橋から、上野へ、甲州街道への要路で、警戒の厳重なところであり、人出の多いところでもありました。
愛は完全を要求める点で、ほぼ芸術と同じであった。占有出来ないということは、愛する人の身にとって、堪え難いほどの苦痛であった。で、家斉はどうがなして、お杉の秘密を知ろうとした。
柳営秘録かつえ蔵 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それでその少しばかり、運動の資金が要るんじゃが、どうだろう、え? と云われると、嘉吉はいつものように人の好い顔を崩して、そりゃ良さそうですな。
忠僕 (新字新仮名) / 池谷信三郎(著)
殘るみじかき五官の覺醒に人なき世界をしらしめよ、汝等起原をおもはずや
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そこりや貴方に御願ひ申して、手短く書いて頂きたいと思ひまして——どうして女の手紙といふものは斯う用がらないのでせう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
まくらに供えた茶碗の水に線香の香りがほのかに這ってくの字を続けたように揺らいでいる——。
ゴーンと云うのが上野の午刻だから今の十二時で何う云う訳か楊枝が四本あります、一本へ歯磨を附けまして歯のと表を磨き、一本の楊枝で下歯の表を磨き、又一本の楊枝で歯の裏を磨き
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)