中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう16 子不語(清)16 しふご(しん)
第十四の男は語る。 「わたくしは随園戯編と題する『子不語』についてお話し申します。 この作者は清の袁枚で、字を子才といい、号を簡斎といいまして、銭塘の人、乾隆年間の進士で、各地方の知県をつとめて評判のよかった人でありますが、年四十にして官途 …
作品に特徴的な語句
みん すげ かお きもの よろい しん ざん おにび しん 毛人もうじん おっと いや びょう かつ はや かんむり とり きん めい しん あらた さか あざな 実否じっぷ よぎ 旋風つむじかぜ わず 若僧にゃくそう つばさ 拐引かどわか へや 苦役くえき 獲物えもの 玩具おもちゃ かめ 生皮なまかわ こう 異形いぎょう かゆ 痺癬ひぜん 県衙けんが 真者ほんもの 眷族けんぞく だま ほこ 知県ちけん はた 禿 しん 秦淮しんわい かまど はし ほうき 箒草ほうきぐさ 簡斎かんさい かご ねば 紙廠ししょう もと まか はね 老嫗ろうおう かご 黒魚こくぎょ 鵂鶹きゅうりゅう はも うろこ ひげ 驚風きょうふう 首枷くびかせ ふる ひたい くび すこぶ 頂礼ちょうらい 雲南うんなん 雍正ようせい 長沙ちょうさ 銭塘せんとう かぎ 里方さとかた がく せま 進士しんし 連坐まきぞえ さか 辟易へきえき つる 虎邙こきゅう
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)