中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう03 捜神記(六朝)03 そうじんき(りくちょう)
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。 「唯今御主人から御説明がありました通り、今晩のお話は六朝時代から始める筈で、わたくしがその前講を受持つことになりました。なんといっても、この時代の作で最も有名なものは『捜神記』で、ほとんど後世 …
作品に特徴的な語句
やまい えつ 丈夫じょうふ はす せき げん あや どて 幾重いくちょう せん ちん しず ふた 妖物ようぶつ やしろ そう みずうみ 三国さんごく ひそ うれ かし 無錫むしゃく せい とっ 余姚よちょう にわ もた かか かき 御門ごもん うさぎ 御符おふだ えびす 冬瓜とうが 立身りっしん よう あらた 一口ひとふり 後世こうせい こん 千里せんり 長水ちょうすい 収生とりあげ かめ 草木そうもく あか かな はや おど ひま あば 盛夏まなつ 大蛇だいじゃ とびら 旅客たびびと 相者そうしゃ 妖魅ようみ から あざな わざわ 見識みし かい よぎ 蠱術こじゅつ かさ みなぎ 糜竺びじく 章帝しょうてい うかが 穿索せんさく しん うり なつめ ようや 澧水ほうすい 熱湯にえゆ ただ めす 狗竇いぬくぐり ねら たけ 猳国かこく 王戒おうかい 琵琶びわ いか 盤瓠ばんこ ねむ 癒合ゆごう 石室いしむろ すずり
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)