中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう03 捜神記(六朝)03 そうじんき(りくちょう)
主人の「開会の辞」が終った後、第一の男は語る。 「唯今御主人から御説明がありました通り、今晩のお話は六朝時代から始める筈で、わたくしがその前講を受持つことになりました。なんといっても、この時代の作で最 …
作品に特徴的な語句
なつめ 見識みし 子細しさい よう しょく 本文ほんもん ほこ 草木そうもく 幾重いくちょう きん しん 冬瓜とうが 五色ごしき ひでり 後世こうせい かた 羽衣はごろも めす 生贄いけにえ 千里せんり 異形いぎょう しん 御門ごもん 奴僕ぬぼく 洛陽らくよう いか さかい ふた 穿索せんさく 太守たいしゅ 往々おうおう ちゅう 六朝りくちょう 三国さんごく 河獺かわうそ かい 強情ごうじょう 雲母きらら あずさ 石室いしむろ むら 立身りっしん 下婢かひ ひさご 盛夏まなつ へい 長安ちょうあん たがや 人相にんそう 大赦たいしゃ 御符おふだ 賢者けんじゃ 末子ばっし 貨殖かしょく 連坐まきぞえ 始皇しこう 嵩山すうざん ひか 止宿ししゅく 熱湯にえゆ 万戸ばんこ 四更しこう 斑白はんぱく 清朝しんちょう 陥没かんぼつ 旅客たびびと かく はげ 妖物ようぶつ 景帝けいてい えびす 余姚よちょう どて 妖魅ようみ みささぎ 騎手のりて 相者そうしゃ 清河せいか かさ 蠱術こじゅつ 収生とりあげ 欒書らんしょ 無錫むしゃく 長水ちょうすい
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)