“糜竺”の読み方と例文
読み方割合
びじく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
関羽を輔佐する者としては文官に、伊籍糜竺向朗、馬良などをとどめ、武将には、関平、周倉、廖化糜芳などをあとに残して行った。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
糜竺は東海のというところの人で、先祖以来、貨殖の道にけているので、家には巨万の財をたくわえていた。
この日、玄徳を追撃する途中、行く手に立ちふさがった糜竺と戦い、遂に糜竺を手捕りにして、自身の鞍わきに縛りつけると
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)