“伊籍”の読み方と例文
読み方割合
いせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先陣は廖化。その副将には関平。——参謀として馬良、伊籍。——留守の大将には誰々をと、その場で、各隊の部将や所属も任命された。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
関羽を輔佐する者としては文官に、伊籍糜竺向朗、馬良などをとどめ、武将には、関平、周倉、廖化糜芳などをあとに残して行った。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
日頃から玄徳に好意をもっている幕賓の伊籍がちょうど城下に来ていて、ふとこのことを耳にはさんだので
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)