中国怪奇小説集ちゅうごくかいきしょうせつしゅう04 捜神後記(六朝)04 そうじんこうき(りくちょう)
第二の男は語る。 「次へ出まして、わたくしは『捜神後記』のお話をいたします。これは標題の示す通り、かの『捜神記』の後編ともいうべきもので、昔から東晋の陶淵明先生の撰ということになって居りますが、その作者については種々の議論がありまして、『捜 …
作品に特徴的な語句
もと じょう とど きもの こう おさ きょう 中宿ちゅうしゅく かり 漁人ぎょじん すなど いや かみ りゅう 高平こうへい 風雨あらし 頭髻もとどり 雞籠とりかご とり おど よぎ たきぎ 草葺くさぶ ねぶ おこ 義興ぎこう かき はや けむ 火焔ほのお かん あらた 山𤢖さんそう せき 容貌きりょう あざな 奴僕しもべ しゅう しもべ 襄城じょうじょう けい かめ 甲冑かっちゅう 留別りゅうべつ 升平しょうへい 白鷺しらさぎ たらい 目標めじるし 真菰まこも 眷族けんぞく にら 破阻はそ 祭祀さいし しん あな かまど 章苟しょうこう しょう 米穀べいこく 粗相そそう 糧米りょうまい つと かさ めぐ 纍々るいるい ののし 劉韻りゅういん 臨賀りんが わか 初更しょこう 董寿とうじゅ 蒋侯しょうこう むしろ なら 元嘉げんか やぶ みずち かに 行水ぎょうずい きぬ ぬす 候官こうかん かしら 革籠かわご すこぶ 雷車らいしゃ
題名が同じ作品
中国怪奇小説集:01 凡例 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:02 開会の辞 (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:06 宣室志(唐) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:09 稽神録(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:10 夷堅志(宋) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:13 輟耕録(明) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)
中国怪奇小説集:16 子不語(清) (新字新仮名)岡本綺堂 (著)