“甲冑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かっちゅう90.1%
かつちう3.6%
かぶと1.8%
よろひかぶと1.8%
かつちゆう0.9%
もののぐ0.9%
よろいかぶと0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太政大臣ともあろう人が甲冑をつけたということは、今まで聞いたことがありませんし、どう考えても礼儀に背くことと思われます。
この銅像は甲冑を着、忠義の心そのもののやうに高だかと馬の上につてゐた。しかし彼の敵だつたのは、——
歯車 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
楽屋には甲冑、槍、面などが沢山並べてありました。私達はその中に坐つて、何とも云へぬ喜に浸りながら、種々の愉快な相談をして居りました。
泣き笑ひ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
先供には北條、梶原、三浦、畠山、あとおさへには土肥安達……なほ數々の大小名が平家の殘黨に備ふる用心もござらう、諸國に威勢を示すためでもござらう、いづれも甲冑爽かに扮裝つて
佐々木高綱 (旧字旧仮名) / 岡本綺堂(著)
……甲冑の音を聞かせたり、歌舞の音色を聞かせたり、我ながら小策を弄したが、こうも利き目があろうとは、俺にしてからが思わなかったよ。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
に国の名の武蔵の文字と通わせて、日本武尊東夷どもを平げたまいて後甲冑の類をこの山に埋めたまいしかは、国を武蔵と呼び山を武甲というなどと説くものあるに至れり。
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)