任侠二刀流にんきょうにとうりゅう
ここは両国広小路、隅田川に向いた茜茶屋、一人の武士と一人の女、何かヒソヒソ話している。 「悪いことは云わぬ、諾と云いな」 「さあね、どうも気が進まないよ」 「馬鹿な女だ、こんないい話を」 「あんまり話がうますぎるからさ」 「気味でも悪いと云 …
作品に特徴的な語句
めくら 先刻いま じら そこ あわい かわ いとわ ひろ あたい 健康つよ 危険あやうし 出入いでい 正直まとも 往来そと つかさど 目的のぞみ やから あっし 健康まめ 全然まる あでや 普通ひととおり たら はな 退しさ もてあ かた 瞬間またたくあいだ 払暁あさまだき こっそ ぱし 燈火ひかり ちゃん しゃ かたわ いつ もつ こう かがと あい 自由かって 距離あわい 空洞ほら いら ぬきんで 甲冑もののぐ ぬく かわ じゅう つも 反対ぎゃく はな 手段ほう 白昼まっぴるま だら じじ おと わたくし はず なか ともし せつ おのれ 先刻さきほど 狂人きちげえ 石礫つぶて かたわ おとず かわ もっとも おわ いぶ いさみ おの こうべ しゃ ちぢみ おとな 唖者おうし なまめ とも おさ いわく 外見よそみ 跛者はしゃ 不味まずい