“正直”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうじき64.4%
しやうぢき11.9%
しやうじき4.4%
せいちょく3.7%
まさなお3.7%
しようじき2.2%
せうじき1.5%
しようぢき1.5%
まとも1.5%
しゃうぢき0.7%
せうぢき0.7%
ほんたう0.7%
まっすぐ0.7%
まっとう0.7%
まつたう0.7%
ショウジキ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おりおり生活もしたくなるが、うそとりでまるめているとうと、この正直のほうが、どれほどいいかしれなくなる。
船の破片に残る話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
騙詐世渡上手正直無気力漢無法活溌謹直愚図泥亀る、さりとは不思議づくめのぞかし。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
しやれ某し是より直樣油屋へ踏込で久兵衞とか云ふ奴を引捕へて聞糺んとして立上りたり後藤は元來仁心正直正路の人なれば斯の如き事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
世界に存する貧の十分の九は懶惰より来ることを記憶せよ、また正直なる仕事は如何に下等なる仕事といえども決してずるなかれ
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
保は浜松表早馬町四十番地に一戸を構え、後またならずして元城内五十七番地に移った。浜松城は井上河内守正直の城である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
だからつてくが、乘組んだから一見して船長はどうも正直人物ではいとつてつたがしてり、
大漁獲があつたので、明日からは餓死心配はないとふと、人間正直なもので、はいとく、寢醒何時になくであつた。
しもがそれに署名しなかつたとすれば』とつて王樣は、『尚々い、惡戯相違ない、さもなければ正直署名してくべきだ』
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
収賄、ごまかし、弱い者いじめ! 正直に浮世を暮らそうとすれば、窒息しなければならないだろう。俺も成りたいよ、聾者にな。
任侠二刀流 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
小利口なるはるき性根をやしなうてかぶりの大變ものにもあり、しやんとせし氣性ありて人間正直なるは、すね部類にまぎれて其身れば生涯おもふべし
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
少しもい言ひ分ぢやありません、正直のことです、——実直に働いてるものは家もなく食物もなく、監獄へ往つたり、餓死したり、鉄道往生したりして、利己主義の悪人が其の血を
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
旦那はあの通り正直なお方だから、よし御隠居の方がわるいにもしろ、自分の仕打ちもよくなかったとそう思っていなさる様子でね。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
この戦国の世のでは、とうてい正直に暮していたら鼻の下の建立が覚束ないと、早くもそこへ目を付けて、詐欺のネタになるような、掘り出し物はあるまいかと
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何しろ見物がわつとけあ、いつの歳になつても面白うがすからな。まあそいつを楽しみにしてやつてゐるんです。わつしだつて他に正直な商売があるもんなら、やりたいのは山々なんですよ。
手品師 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)