“まっすぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
真直92.1%
素直5.1%
剛直0.6%
正的0.6%
正直0.6%
眞直0.6%
驀直0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
金重のった鋏はジョキリと一鋏で真直に剪れるので大層に行われました。金重は六十五になりますが、無慾な爺さんでございます。
鼠のをぐったりとしながら、我慢に、吾妻橋の方も、本願寺の方も見返らないで、ここをに来たように、素直に広小路を切って、仁王門を真正面
妖術 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
お屋敷へ申出でましたところで、剛直な方は斬られけられ、残るは便佞の者ばかり。私風情の訴訟を、真面目に取次いでくれる方もございません。
島田を正的に見せて、卓子台の端にぴたりと俯向
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
旦那はあの通り正直なお方だから、よし御隠居の方がわるいにもしろ、自分の仕打ちもよくなかったとそう思っていなさる様子でね。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
ローザラインののやうな眼附、あの高々とした、あの眞紅、あの可憐しい、あの眞直、あのぶる/\とへる太股乃至近邊にある處々けてりまするぞ。
かくて三年ばかり浮世を驀直に渡りれければ、勤むるに追付く悪魔は無き道理、殊さら幼少よりっての稟賦、雪をまろめて達摩り大根をりての形を写しゝにさえ、人を驚かせしに
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)