“鍔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つば99.4%
がね0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天にも地にも、たった一人の肉親は、青竹を削って、だけを取付けた竹光で、背中から縫われ、獣のように死んでいるのです。
こんな独り言を云いながら、敬虔に短刀を抜いてみた。恐らくあげ物というやつだろう、から切尖までのバランスがとれていない。
長屋天一坊 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ば汝は重々強惡言語に絶たる者なり依て吟味中入牢申付るとの聲の下より同心ばら/\と立掛高手小手めたり又ふか儀も九郎兵衞と密通に及び萬事からざる致方不屆至極なり依て手錠宿預け申付ると有て是又手腰繩に掛られけり夫より大岡殿九助に向はれ其方段々吟味を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)