長屋天一坊ながやてんいちぼう
並びに諸説巷間を賑わすこと 徳川八代将軍吉宗の時代に、天一坊事件という騒動があった。 真相のところは諸説まちまちで、ここに紹介すれば四五行で終る記事もあり、本書一冊分くらいのぼうだいな実録もある。 またぜんぶ事実無根だという論もあって、学界 …
作品に特徴的な語句
却説かえってとく 鮫皮さめがわ とう 捺染なっせん ずね 騙取へんしゅ つか にわ みや かな てつ しか 禿はげ 赤錆あかさ まく 穿うが つか ばか 扶持ぶち やに 子曰しのたま あざな 左官しゃかん ろう むし 曽孫ひまご なんじ 河岸かし 津々しんしん 淵源えんげん 溺愛できあい 演者わたし 火箸ひばし 狡猾こうかつ 狼狽ろうばい 狼藉ろうぜき 生得しょうとく 白粉おしろい 目貫めぬき にら みは 石臼いしうす 示唆しさ 神輿みこし たた かせ 箆棒べらぼう 紺屋こうや 罵詈ばり また 胡粉ごふん もろ 脾腹ひばら ひざ 臀部でんぶ へそ かつ 舌舐したな 良人おっと 踪跡そうせき とき 骨董こっとう 駕舁かごか 馬標うまじるし 饒舌しゃべ ひるがえ 顎髯あごひげ うなず さや 阿母おっか つば のこぎり 金襴きんらん 酒肴しゅこう 鄭重ていちょう たくま 這般しゃはん 躰躯たいく からだ 身嗜みだしな 蹴落けおと こうむ はかま 袱紗ふくさ 袈裟けさ 行李こうり さげす あお 草臥くたび 芋殻いもがら 芥溜ごみため のぞ