“紺屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こうや79.2%
こんや18.9%
かうや1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紺屋じゃあねえから明後日とはわせねえよ。妓衆たちから三ばかり来てるだ、もうくに出来てるだろう、大急ぎだ。」
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それはちょうど、紺屋藍瓶の中へ落ちた者が、あわてふためいて瓶からい上るような形であります。も着物も真黒でありました。