“こうや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
曠野43.5%
紺屋24.7%
高野17.6%
広野5.3%
荒野4.1%
郊野1.2%
幸谷0.6%
広原0.6%
染物屋0.6%
甲谷0.6%
荒夜0.6%
行也0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
筆をって書いていても、魏叔子大鉄椎にある曠野景色が眼の前に浮んでくる。けれども歩いている途中は実に苦しかった。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そのせっかくの白い衣裳を、一つ流行文様に染めましょうと思って、梟紺屋えたところが、梟は粗忽で真黒々に染めてしまった。
高野の道場にこもるおつもりなのか? ……そして浮世未練をもたぬため、いさぎよく、わざとじぶんにも会わず、父とも名のらず
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そしていかなる苦しみをなめても、呂宋兵衛をうちとり、小角のをなぐさめなければならぬと、毎日広野へでて、武技をねり、陣法の工夫他念がなかった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は、に、木枯らしがすさまじくんでいました。そんなとき、たたく仏壇は、このからはなれて、いつまでもりなく、荒野をさまよっていました。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
かにその機会をっている中に、一日たまたま郊野において、向うからただ一人歩み来る飛衛に出遇った。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
かねて信心する養安寺村の蛇王権現におりをして、帰りに北の幸谷なるお千代の里へり、くなれば里に一宿してくるというに、お千代の計らいがあるのである。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
お千代は北の幸谷なる里方へ帰り、省作とおとよは湖畔の一旅亭に投宿したのである。
春の潮 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
ロシア国民楽派の一人、交響詩「中央アジアの広原にて」、歌劇「イゴール公」などひどく韃靼臭いものがある。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
この男、あたしの目に触れだしたのは、越前堀のお岩稲荷の近所ににかに囲われていたころだった。染物屋張場のはずれに建った小家で、茄子の花が紫に咲いていた。
甲谷の来るのはもうすぐだった。彼は甲谷に宮子という踊子を一人紹介されるはずになっていた。甲谷はシンガポールの材木の中から、この濁った底知れぬ虚無の街の上海に妻をりに来たのである。
上海 (新字新仮名) / 横光利一(著)
行也 にぞ もせん。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)