さかずきの輪廻さかずきのりんね
(この童話はとくに大人のものとして書きました。) 昔、京都に、利助という陶器を造る名人がありましたが、この人の名は、あまり伝わらなかったのであります。一代を通じて寡作でありましたうえに、名利というようなことは、すこしも考えなかった人でしたか …
作品に特徴的な語句
自分じぶんめ てき ちょう 交際こうさい うえ 若衆わかしゅう 大海たいかい 純白じゅんぱく あじ すく むな 荒野こうや 亡父ぼうふ しん 相見あいみ げん あらわ 裏通うらどお さく 祖父そふ 心持こころも 見下みお 朱塗しゅぬ ほん 木枯こが がた みと 老母ろうぼ こお てん ぶん 古鉄ふるてつ 遠山えんざん つう ちち のち あつか 花鳥かちょう あね わか あら いえ よる そと かね えが 変化へんか 容易ようい ごえ いわ かた たい ほう にち おろ おもむ あや 繊細せんさい けん 物品ぶっぴん そな れい あいだ つく 東京とうきょう みぞ 陶器とうき かい つよ しず おと 今日きょう なか よご 往来おうらい 彼女かのじょ かれ 高価こうか はは