“老母”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
としより25.0%
はは13.6%
ろうぼ11.4%
らうぼ9.1%
おふくろ6.8%
ばあさん6.8%
ばあ4.5%
ばばあ4.5%
はゝ2.3%
ばば2.3%
おっか2.3%
おつかさん2.3%
おば2.3%
おばあさん2.3%
ばゝ2.3%
おばあ2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お通は、この老母が息子の又八を盲愛する余り、ここへ来てもいことばをいいちらしたのみで、お吟が可哀そうでならなかった。
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
前へ出ようとすると、自失したように棒立ちになっていた又八の手が、握っている刀の柄頭で、いきなり老母の肩をどんと突いた。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
また松島では、老母少女とがせてつてありましたが、これはめし祖母孫娘とが同時病死したものをつたものとはれます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
申位なら去年紛失の節訴へてきますが私しは奉公の身の上なれば金は入らねど老母の病を治し度一心にて出ましたに名前を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
わしは長良川の上流を、十里余もって、たった独りの老母がいる宿の在、下有知という草ぶかい田舎へ一本槍に帰って来た。
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
内儀さんのまれた。被害者老父座敷先刻からこそ/\とをしてる。さうして老母んだ。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
私は老母さんのぶつぶつ言っているのを尻目にかけながら座敷に上って喪心したようにどかりと尻を落してぐったりとなっていた。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
それは洲崎町のとある角の、渠が何日でも寄る煙草屋の事で、モウ大分借が溜つてるから、すぐ顏を赤くする銀杏返しの娘が店に居れば格別、口喧しやの老母が居た日にはしても貸して呉れぬ。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
篠田の寂しき台所の火鉢にりて、首打ち垂れたる兼吉老母は、だ罪も定まらで牢獄に呻吟する我が愛児の上をや気遣ふらん、折柄誰やらんふ声に
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
もう一度生きのびられるものだったら、今度こそはお老母にもくまい、どんな孝行でもしてみせる。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あんなに私がしおれて正直に出たのだからお前の老母さんがよもやをいいはすまい。そうすると嫁いているに違いない。嫁づいているとすれば、返すがえすも無念だ。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「ハア、——老母も——」と、嫣然として上り来れるお花は、無雑作束髪に、木綿、キリヽ着なしたる所、ど新春野屋の花吉の影を止めず、「大和さんは学校——左様ですか、 ...
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「私の様なものはても世間へ面出しが出来なからうと思ひましてネ、そ御迷惑さまでも、おで使つて戴いて、大和さんや、老母さんに何か教へて戴きたいと考へますの——」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「それからねエ、おかあさま、ちょうどその時縁側を老母が通ってね、すっかり聞いてしまッて、それはそれはひどくってね」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
現在の社会と比較するならば、虚無党の主張の方がに真理に近いものです——私も百方慰め励まして、無分別のこと仕ない様に注意して、丁度、夜の十時過、老母が待つてるからと
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
こうしていて明日老母さんに何といいます。あなた私の家の者を馬鹿にしているんだからそんなことは何とも思わないでしょうが、私が翌朝老母さんに対して言いようがないじゃありませんか。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)