“はは”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
63.7%
継母8.3%
義母5.1%
4.5%
老母3.8%
養母3.8%
亡母3.8%
母親1.3%
0.6%
実母0.6%
唯唯0.6%
慈母0.6%
0.6%
母馬0.6%
生母0.6%
0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時男さんの家は、私と同じやうにと三人暮しで、そのお母さんといふ人は、いつ見ても大そうきれいな身なりをしてゐました。
時男さんのこと (新字旧仮名) / 土田耕平(著)
「ハイ、丹波は、二世十方斎の名と、継母お蓮の方とを天下はれて手に入れようとの魂胆でございます。そのために、わたくしの……」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
自分の義母の身の上とは知らないで、そのままに照降町の店へ帰ると、日が暮れてから隠居所の女中が来て、御隠居さんがまだ帰らないという。
僕はの國になむとおもひて哭くとまをししかば、ここに大御神はこの國になまりそと詔りたまひて、神逐ひ逐ひ賜ふ。
秀造さんは私の老母にいわせると、伊井蓉峰の顔を、もっと優しく——優しくの意味は美男を鼻にかけない——柔和にしたようなと言っている。
頭のステキにいい、何につけても器用な男で、人柄もごく温柔しい方だったので、養父の玄洋が惚れ込んでしまって、うちの養子にしようかなどと、養母に相談した事も、ある位だったそうです
復讐 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
亡母によく似ている年とったそこもとをよくって進ぜたなら、草葉のかげで母もさぞかし喜ぶであろうとこう思うによって、これからはそこもとを実の母同様に扱うから、そちも
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
と押止めますと、親父は眼をいて母親怒鳴付けたそうです。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その晩、と二人っきりのささやかな夕餉をすませると清子は、納い忘れた手鏡を柱のところに立てて姑の髪を結ってやった。
茶粥の記 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
忌明けになっての心もようよう定まり、清子と二人は良人の遺骨をもって、いよいよ郷里の秋田へ引き上げることになった。秋田といってもずっと八郎潟寄りの五城目という小さな町である。
茶粥の記 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
浪子は良人の肩にりつ、「でもひょっとしたらなおらずにしまいはせんかと、そう時々思いますの。実母もこの病気でくなりましたし——」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
浪子は八歳の年実母に別れぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
と、と殿樣片膝てたまへば、唯唯れながら、打槌はづれても、天眼鏡淨玻璃なり、ありて、ならでは、殿御手し、とらずこそしけれ。
妙齢 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
慈母に別れし浪子のしみは子供には似ず深かりしも、の日だに照りたらば苦もなく育つはずなりき。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
後から仔馬がひょこ/\いて行く。時々道草を食ってれては、てゝけ出しついて母馬横腹をすりつける様にして行く。関翁と余と其あとから此さまを眺めつゝ行く。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
おさなくして生母をうしなった萩乃にとって、なくなった司馬先生は、父でもあり、母でもあった。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
新女優の川上貞奴とならずに堅気な家の細君であって、時折の芝居見物に鬱散する身となっていたかも知れない。
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ちやんは別段れをりたくはなかつてのですが、ドードかもかゞすだらうとつてみましたが、ともはうとするものがなかつたので。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)