“別段”の読み方と例文
読み方割合
べつだん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
狼群鉄砲をおそれて日中はあまりでないし、また人間の姿が見えると、さっさとげてしまうので、この日は別段危険もなかった。
「自分の家に属してある属領から上って来る物があるからそれで沢山だ。別段に法王に御厄介をかけてそんなに沢山貰うにも及ばぬ」
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
一体東海道掛川宿から汽車んだとえてる、腰掛れて、死灰へたから別段にもまらなかつた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)