動物物語 狼の王ロボどうぶつものがたり おおかみのおうロボ
これはアメリカのアーネスト・トムソン・シートンという人が書いた物語で、文中『私』とあるのはシートン氏のことです。シートン氏は幼いころから動物が大好きで、動物に関する物語と絵をかくことを一生懸命勉強しました。そしていつも山岳や草原に露営の生活 …
作品に特徴的な語句
とう ぱつ この じゅん しょ たい きず はず ぷく 流域りゅういき 翌朝よくちょう 計略けいりゃく さかさ 鉄鎖てつぐさり 今日きょう 傑作けっさく はん 小銃しょうじゅう たいら 明日あした ぱい あたた 片端かたっぱし 牛飼うしか 突然とつぜん 縦横じゅうおう はら 郷里きょうり 金環かなわ じゅう かざり 一人ひとり 両眼りょうがん 両端りょうはし なら うち 丸太まるた 丹念たんねん 二人ふたり 今朝けさ 代物しろもの 仲間なかま たお 傷痕きずあと とう 別段べつだん 到着とうちゃく 力尽ちからつ ぴき 危険きけん さけ 君臨くんりん ふく のど すわ かたまり 大好だいす 大将たいしょう 太綱ふとづな 奥深おくふか 奴等やつら ごと つま 姿すがた 威勢いせい 子供こども うち 家畜かちく 小舎こや 小面こづら そう 山岳さんがく 山羊やぎ 工合ぐあい 年貢ねんぐ おさな とこ 得物えもの 悪党あくとう 悪獣あくじゅう 悪魔あくま にく 懸賞けんしょう