“二人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたり93.9%
ににん4.2%
ふたあり0.6%
ふたかた0.6%
ふたたり0.2%
ふたん0.2%
ほたり0.2%
フタリ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南洋のあまり世界たちにはられていないんでいる二人土人が、難船からわれて、あるいたときでありました。
幸福に暮らした二人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
抜刀の両人、文治のより鋭く切掛けました。其の時早く文治は前に押えた腕を捩上げ、同役二人振下す刀の下へ突付けました。
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
黒い頭で下はがっている上から背伸をして見下すと、に曲ってるの石垣の角から、筒袖を着た男が二人出た。あとからまた二人出た。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「……唯今、お迎いに出ます処で。……どうもね、小路の入口に、妙なお上りさんがお二人と思いましたよ。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しら梅や二百六十二人女王にいます王禄の庭
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
二人で行ぎあ、おっかねえこともあんめえもん……
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
林「成程どうも…しおさんは二人差向いでは酒を飲まねえと思いやすよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
作家ドウシハ、片言満了貴作ニツキ、御自身再検ネガイマス。真偽看破良策ハ、一作エシモノノサヲレ。「二人シタモアル。」
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)