禰宜様宮田ねぎさまみやた
春になってから沼の水はグッとふえた。 この間までは皆むき出しになって、うすら寒い風に吹き曝されていた岸の浅瀬も、今はもうやや濁ってはいるがしとやかな水色にすっかり被われて明るい日光がチラチラと、軽く水面に躍っている。 波ともいわれない水の襞 …
作品に特徴的な語句
あによ ぺえ 可愛めん ぬし ええ あた いつ だんか だあ きおい けんげ 人形ひとかた こわ 乞食ほいと 面白おもさ 毎日めえんち ゆる 二人ふたん えま 入用いら 膝行いざり 汝等にしら 突返つっけえ さか 入用いる 片端かたっぱ 法体ほでえ ほぐ 俺等おらら ろく 空虚からっぽ めえ かし ざい 日和ひよ ぬきん さが 介抱けえほう えみ 俺等おら 入用 きた たて 相手ええて ひも 毛虫けっとうばば うれ 地体じてえ けえ そよ めぐ 老耄ろうもう ふる 突支つつけ まばた 真当まっとう ぎゅう ちょう いぶ 茄子なすび 毎日めえにち 機械からくり 螟虫ずいむし なぐ こす かこ つか いたずら 呆然ぼんやり そその いや 口吻こうふん そむ まんま 馬鹿こけ 初穂はつ 冬菜とうな 佐渡さわたり とんび 不用いら しつ 大尽でえじん 大事おおごと ごみ 自棄やけ 老舗しにせ 耳朶みみたぶ 一方ひとかた 草鞋わらじ