“面白”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おもしろ86.9%
おもしれ4.9%
おもし1.6%
おもじろ1.1%
オモシエ1.1%
あぢ0.5%
あもしろ0.5%
おもさ0.5%
おもしろい0.5%
おもしろく0.5%
おもてしろ0.5%
めんぱく0.5%
オモシレ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とその家庭苦痛白状し、にこの主人公殺人罪人なるカ……イ……をひて僑居るに一節めて面白し。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
ガラリピシャ用はねえかなんてえ山家の者で面白えが、彼女ア旦那何処へもき処がないので、可愛相で、彼女はちょいと様子が
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これは面白ろい、彼奴してやらうと、自分其儘其處して、志村其人寫生りかゝつた。
画の悲み (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
目はひてかすかにおはすなり月のひかりの照らす面白
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
男『フンフン、御前ハンモタケスカ。フン、ニソダチナハン。アレガラナハン、サ來ルヅギモ面白ガタンチェ。ホリヤ/\、大變ダタァンステァ。』
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
新聞雜誌關係者についても、やはりとても面白い諷刺詩をうたつて——記者はくさしてばかりをり、作者は讀者に加勢を頼む、などとやつてゐた。近頃は作者もなかなか面白な脚本を書く。
狂人日記 (旧字旧仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
なんとかして早く、今のようながたぴしした、面白くもない生活が、がらりと変ってしまえばいい。
桜の園 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
俺らも、もう毎日真黒んなって働くなあ止めだ、人う面白くもねえ
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
あまり面白とは言えない土地ですが、そこにはまた、この地方独特の景色もあるというものです。
起上ッて部屋へ帰ろうとは思いながら、ついそそくれて潮合を失い、まじりまじり思慮の無い顔をして面白もない談話を聞いているうちに
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
常に飄然として、絶えて貴族的容儀を修めざれど、らなる七万石の品格は、面白眉秀でて、鼻高く、眼爽に、れるは、として玉樹の風前に臨めるともふべくや
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「妙な人と乗り合せたものだね。だから此の電車といふ奴は面白だて。」
(新字旧仮名) / 久米正雄(著)
○ホガのアこわれるのを見デるホド面白い事アねエ
津軽地方特有の俚諺 (新字旧仮名) / 福士幸次郎(著)