“眉秀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まゆひい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“眉秀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
内にいたのは、年ごろ三十四、五の、眉秀まゆひいでた一人の法華行者ほっけぎょうじゃであった。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その居るや、行くや、出づるや、入るや、常に飄然ひようぜんとして、絶えて貴族的容儀を修めざれど、おのづからなる七万石の品格は、面白おもてしろ眉秀まゆひいでて、鼻高く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)