画の悲みえのかなしみ
畫を好かぬ小供は先づ少ないとして其中にも自分は小供の時、何よりも畫が好きであつた。(と岡本某が語りだした)。 好きこそ物の上手とやらで、自分も他の學課の中畫では同級生の中自分に及ぶものがない。畫と數學となら、憚りながら誰でも來いなんて、自分 …
作品に特徴的な語句
かう 中央ちゆうわう 何人なにぴと 微笑びせう おほ かほ なほ おほい おろ 音信おんしん くらす うへ ゆるし 女子ぢよし かい 引返ひきか 此處こつち をは くら たい 退しりぞ 連中れんちゆう まへ 衆人しゆうじん 川柳かはやぎ さいは 彼處あつち くだ きよ よつ りう 暫時しばら はう たし かへつ とほ 故郷こきやう まば 相伴あひともな たのしみ 上手じやうず きた きよう おほ ちゝ 所謂いはゆ わづか いだ いや をんな 生死せいし 先達せんだつて 心中しんちゆう みづか 如何どう 彼奴きやつ あひだ いへ ぐわ 川向かはむかふ すく とゞろ 路傍ろばう とひ つゝみ こゝろ 消息せうそく けん えう なさ くれ ひと 朋友ほういう つもり をし 某町ぼうまち ひつさ おし 打勝うちかた 打倒ぶつたふ 習字しふじ 水車みづぐるま うしろ 突立つゝた こゝろ たく
題名が同じ作品
画の悲み (新字新仮名)国木田独歩 (著)